昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

加藤綾子アナ35歳が“女帝化”している……ベテラン解説委員は“降板”、お付きのスタッフも

「リニューアル後も数字は変わらず、3%から4%をウロウロ。他局から大きく引き離され一人負け状態なのに、報道幹部や編成は『内容がよくなった!』と自画自賛しています」

 そう嘆くのは、フジテレビの報道番組「Live News イット!」の番組関係者だ。

◆◆◆

 今秋、大きな番組改編に踏み切ったフジテレビ。33年にわたり同局の報道番組に出演してきた安藤優子(61)がメインキャスターの「直撃LIVE グッディ!」を打ち切り、前番組の「バイキング」と後番組の「イット!」の放送枠をそれぞれ拡大させたのだ。

 昨年4月にスタートした「イット!」のMCを引き続き務めるのは、2016年にフジを退社しフリーとなった加藤綾子(35)。かつての花形アナが凱旋復帰したわけだが、局が期待するほどは数字が出ていない。

加藤綾子アナ

主婦層にはなかなか受けず……

「加藤はスポーツ界での人気が高いので、東京五輪を見据えての抜擢でした。しかし、夕方にニュースを見る主婦層にはなかなか受けず、視聴率が1~2%の時も多々あります」(同前)

 それでも降板させようという動きはないという。

「亀山千広元社長が『フリーになってもフジの看板アナには変わりない』と明言するほど加藤を気に入っており、上層部ウケもよい。さらに局アナ時代、過密スケジュールをこなしてくれた恩義もあり、今後も“夕方のフジの顔”として確保し続けたいようです。そればかりか、彼女の意向を番組の人事にまで反映させるようになりました」(同前)