昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

ベテラン解説委員は“降板”

 番組開始時には木村拓也アナ(30)と風間晋解説委員(61)がMCとして加藤と肩を並べていた。しかし改編で「バイキング」から榎並大二郎アナ(35)が移籍したことで木村アナは現場キャスターに“降格”、風間氏は降板となったのだ。

「実は改編前、加藤さんが番組プロデューサーに『榎並アナとやらせて欲しい』『風間さんはいらない』と、要求していたというのです。榎並さんとは同期で『綾ちゃん』『大ちゃん』と呼び合うほど仲がよいので分からなくもないが、風間さんには自らニュースの読み解き方などのアドバイスを請うていただけに意外でした」(別の番組関係者)

榎並アナと新コンビを結成(「Live News イット!」より)

 蓋を開けると加藤の希望どおりの人事が実現。

「榎並さんの抜擢は主婦層に人気があることや、文春でも報じられた『バイキング』での坂上忍さんからのパワハラ問題などもあり、上層部の思惑と一致した側面もあるが、加藤さんの意見が影響しているのは明白です」(同前)

 さらにこの秋からは、デスククラスの女性局員が加藤の専属担当として付くようになった。

「以前はニュースごとにどうコメントするかを加藤さんとディレクターが相談して決めていたのですが、10月からはその“お付き”の女性局員がプロデューサーと加藤さんの間に入り、コメントの内容や方向性などを手取り足取り考える役目を担っている。安藤さんが降板したことで『次の“女帝”はカトパンだな』とも囁かれています」(同前)