昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/10/29

入院中、マシンガンのようにツイートしまくったトランプ

 でも、そんなこと気にする大統領じゃない。続けてこんなツイートも。

「インフルエンザで毎年10万人も死ぬが、いちいちロックダウンするか? しないだろ。我々はインフルと同じようにコロナとも共存する道を学ばなければ」

 このツイートは「コロナについて間違った情報を拡散しています」とツイッター本社から警告文をつけられた。

 トランプは入院中からずっとマシンガンのようにツイートしまくっている。「最高の気分だ!」「投票せよ!」「20年前より調子がいい!」いつ寝てるのか?

 医師団によるとトランプはコロナ治療薬デキサメタゾンを投与された。この薬の副作用は「気分の高揚、攻撃性、思考の混迷」。……そんな薬物の影響下にある人物に核ミサイルのボタンを握らせておいていいの?

 

 こんなツイートもした。

「投票監視のボランティア求む。アーミー・フォー・トランプ(トランプ軍団)」

 つまり、不正投票がないか監視してほしいというのだが、トランプ支持者はライフルで武装して、投票所周辺をうろつくことになる。有権者への威嚇、投票妨害だ。「トランプ軍団」という名前は、ヒトラーの政敵を暴力で蹴散らしたナチ突撃隊を思わせる。

 トランプ軍団は既に動いている。10月8日、FBIはミシガン州の極右過激派集団「ウルヴァリン・ウォッチメン」13人を逮捕した。彼らは他のミリシア(民兵)グループ200人を集めて、投票日前に州議会ビルを襲撃し、グレッチェン・ウィトマー州知事を誘拐、殺害する計画を進め、6月から訓練をし、爆弾の実験もしていた。ミシガンの司法長官ダナ・ネッセルによると彼らの目的は「アメリカを内戦状態に引きずり込む」ことだった。