昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

“広告界の異端児”三浦崇宏が放つオンライントーク「人生を突破する『超クリエイティブ』の思考法」【11月4日開催】

「熱量MAXの完璧な講義だ」

「思考のプロセス、人間としての魅力、様々な点からわくわくと興奮がとまらない」

「こんなにも次世代のために本気で教えてくれる方はまずいない」

 いま、20~40代のビジネスパーソンを中心に、こんな熱狂的な反響を巻き起こしているクリエイティブ講座があることをご存知だろうか。

 本年の新聞広告賞でも話題をかっさらった人気クリエイティブ・ディレクター・三浦崇宏さんが主宰する「THE CREATIVE ACADEMY」(今期募集終了)では、現在オンラインも含めて1000人以上の人々が参加し、活況を呈している。ここで学べる革新的なアイデアを生み出す技術が、広告分野に限らずあらゆるビジネスに応用できると評判を呼んでいるのだ。

三浦崇宏さん ©松本輝一/文藝春秋

「日本の学校教育って、AかBかCのどれかから正解を見つけるような訓練ばかりがなされてきました。でも、リニアな経済成長も期待できなければ、次になにが起こるかもわからない時代には、前提を疑って、AでもBでもCでもない新しい答えをつくり出す力が必要です。問題を再設計して、別の価値を生み出すクリエイティブな力こそが、業界・業態を問わず、あらゆる仕事で切実に求められるようになった」

 そう語る三浦崇宏さんは、新著『超クリエイティブ 「発想」×「実装」で現実を動かす』を上梓したばかり。クリエイティブ講座の肝である〈変化のきっかけとなる〉コアアイデアを生む思考法から、企画を社会で実装するためのチームビルディング法まで、第一線の現場の叡智をあますところなく濃縮した一冊だ。