昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

本人は現役を希望、移籍先の最有力候補は中日?

 実際、阪神の若手からは「福留さんならもうひと花咲かせられる」「ゴタゴタ続きの阪神を結果で見返してほしい」といった惜別の声だけでなく、「必ずタイガースに戻ってきて、指導者として野球を教えてほしい」とカムバックを熱望する声も上がっているようだ。

 一方、当の福留は「今回の球団の処遇は許せない。絶対に現役を続ける」と周囲に語っているという。果たしてどこまでやれるのか。

「体力はかなり落ちましたが、それでも勝負勘や投球の読みは球界随一。左の代打の切り札として十分使えるでしょうし、週1~2ペースだったらスタメンでも出場できる。既にヤクルトや楽天が調査を始めているようです」(ベテラン記者)

 だが、移籍先の最有力候補は古巣の中日だという。

中日時代の福留 ©文藝春秋

「チームは若返りを図っていますが、福留は若手の手本にもなるし、将来の指導者としても期待される。本人も、プロ野球人生を始めた名古屋の地で花道を飾りたいという気持ちがあるようです。阪神で満足に試合に出られなかった分の鬱憤をうちで存分に晴らしてほしいね」(中日関係者)

 リストラされた中年の星が“恩返し”“倍返し”できるか、動向を見守りたい。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー