昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

藤井二冠の自作PCについて最強将棋ソフト開発者に聞いたらトンデモないことが判明した件

source : 提携メディア

genre : ライフ, 娯楽

藤井二冠の自作PCについて最強将棋ソフト開発者に聞いたらトンデモないことが判明した件

 藤井聡太二冠誕生────その報道に、日本全土が熱狂しました。

 しかし世間の人々は、将棋のことそんなに詳しく知りません。

 だから29連勝の時は食べ物のことで盛り上がりました。今はもう閉店してしまった『みろく庵』の出前が、豚キムチ雑炊を運ぶ写真が東京写真記者協会賞を受賞するなど、大手メディアの方々もこぞって飯の話題に飛び付きました。ねえ大手メディアくん……もっと将棋のこと報じよ?

 ネット上でも、藤井四段(当時)の食事の注文について様々な意見が飛び交います。

 『中学生が昼飯に千円以上のものを頼むなんて生意気だ』『いやいやプロなんだから食に投資するのは当然』『あのビリビリやる財布に親近感がわく……』等々。

 じゃあ今回は何で盛り上がったのか?

 それは……パソコンでした。

『パソコンマニアも驚愕する藤井聡太二冠の「自作PC」 CPUの値段は50万円』

 こんな記事が大いにバズりました。

 プロゲーマーが世界中で活躍するこの時代。将棋のプロも、プロゲーマーの一種なわけですから、将棋界よりもむしろゲーム界隈が大賑わい。今回は藤井二冠の選択に好意的な意見が多かった印象です。

 そして今回も大手メディアは、インタビューでこぞって『自作PC』の話題を振って、藤井二冠の口から様々な情報を引き出しています。

 けど、それだけです。

 29連勝の時に豚キムチ雑炊や味噌煮込みが話題になったから他にも好きな食べ物があるかどうかとか、他にも食べ物に関するエピソードがあるかどうか聞いてるのと、何が違うんでしょう? まるで成長していない……。

 重要なのは『高性能のパソコンを使用することで、藤井二冠がもっと強くなるのかどうか』であり、さらに言えば『藤井二冠に勝つためには、他の棋士もこのスペックのパソコンを用意しないとダメな状況になってるのか?』だと思います!

 そんなわけで今回は藤井二冠も使用している将棋ソフト『水匠』の開発者・杉村氏と、その『水匠』をはじめたくさんの将棋ソフトの元となっている『やねうら王』の開発者・磯崎氏から、将棋ソフトの正しい使い方を聞いてみました!