昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

山口組系幹部負傷、尼崎市・住宅街路上で発砲事件 拳銃を持った男2人逃走

genre : ニュース, 社会

住宅街で発砲、組幹部ら2人重傷 抗争か、男2人逃走―兵庫

発砲事件があったとみられる現場付近=3日午後、兵庫県尼崎市

 3日午前11時35分ごろ、兵庫県尼崎市稲葉元町の住宅街路上で、「発砲音がした。人が倒れている」と通行人の女性から110番があった。暴力団幹部ら2人が重傷で、病院に搬送された。県警は拳銃発砲による殺人未遂事件として尼崎南署に捜査本部を設置。暴力団同士の抗争の可能性もあるとみて、逃げた男2人の行方を追っている。

 捜査本部や消防によると、負傷した2人のうち1人は自称特定抗争指定暴力団神戸山口組系古川組幹部(61)=同市=で左手を撃たれた。もう1人も60代の暴力団関係者とみられ、両脚の太ももから出血していた。いずれも命に別条はない。

 男2人は拳銃を持ったまま、現場近くに止めたワンボックス車で逃走した。いずれも40代ぐらいで中肉中背、1人は上下黒っぽい服、もう1人は白っぽいTシャツに青っぽいズボン姿で黒色のマスクを着けていた。

 撃たれた幹部は2人について「知らない。歩いていたところを呼び止められた」と説明。発砲は数回で、至近距離から撃たれたとみられる。銃弾や薬きょうは見つかっていないという。

この記事の写真(1枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー