昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

公私ともにスキがない西川きよし、74歳の“思わぬ弱点”とは?

 芸歴57年、西川きよし(74)が漫才分野初の文化功労者に選出。10月27日の会見で「小さなことからコツコツと頑張ってきてよかった」と座右の銘を持ち出し声を詰まらせた。

「きよしの漫才師としてのキャリアは相方・横山やすし(1996年没)の不祥事で事実上解散した89年まで。今や漫才の実績は昨年紫綬褒章を受章したオール阪神・巨人のほうが上だが、彼ら後輩としても『まずはきよし師匠に貰ってもらわなくては後が続かない』といったところ。やはり今も上方漫才界における存在感は別格」(在阪芸能記者)

長男の忠志はじめ、3人の子も芸能界に進んだ ©文藝春秋

 66年にやすしに誘われコンビ結成、翌年に上方漫才大賞新人賞を受賞。80年代初頭の漫才ブームでは大阪側の牽引車となった。

「天才と評されたやっさんのボケと、きよしの柔らかいツッコミによるしゃべくり漫才で、関西弁に抵抗のあった関東人も夢中にさせた功績は大きい」(同前)

 86年には「中学出がどこまでできるか」と参院議員選挙に挑み当選。3期にわたって議員を務めた。また、67年に結婚したヘレン夫人(74)との仲も至極円満でノースキャンダル。

「結婚当時は、吉本新喜劇のマドンナだったヘレンに対しきよしは格下。吉本は結婚を機にきよしに引退を迫ったといわれるが拒否。ヘレンは夫を信じて苦しい時代から支え続けた。結婚53年の今も理想の夫婦とされている」(同前)

©文藝春秋

 公私ともにスキがないきよしだが、思わぬウイークポイントもあるという。関西のテレビ関係者が話す。