昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「あまりに突然で理不尽」男子高校生飛び降り 巻き添えになった女子大生の優しさ

「ドーン!」

 金曜日の午後6時前、屋上にある赤い大観覧車がシンボルの大阪・梅田の商業施設「HEP FIVE」の出入口付近で、何かが爆発したような音が轟いた。

 行き交う多くの人が目を向けた先では、スカートをはいた若い女性が頭から血を流してうつ伏せに倒れ、2メートルほど離れた場所で白っぽいシャツにチェックのズボン姿の男性が植え込みに顔を突っ込んで横たわっていた。直後、「キャー」という女性の大きな悲鳴が周囲に響き渡った――。

◆ ◆ ◆

 10階建てビルの屋上から飛び降りた男性の身体が、下にいた女性を直撃する事故が起きたのは、10月23日のこと。目撃者が発生直後の様子を語る。

「2人ともぐったりとしていて、女性の横ではさっきまで並んで普通に会話をしていた若い女性が、泣き叫びながら懸命に肩をゆすっていたけど、応答はなかった。間もなく通行人の男性が女性のもとに駆けつけ、心臓マッサージを始めました。現場には血だまりができて、AEDの説明書や女性もののカバンなどが散乱していました……」

路上で2人が倒れていた現場付近

 2人は病院に搬送されるも、男性はまもなく死亡が確認。屋上には財布と学生証の入った黒いトートバッグが残され、転落したのは大阪府立高校に通う17歳の男子生徒と判明した。

 翌24日の午後2時12分、背中に男子生徒がぶつかって前方に跳ね飛ばされ、意識不明だった兵庫県加古川市の大学2年生、古川賀子(かこ)さん(19)の死亡が確認。死因は頭部損傷だった。