昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

女性に対する注文が異常に細かい岡村

「半年前くらいから『結婚すると何が変わるか?』とか『良くなったことを教えて』と、結婚に対してポジティブな質問を、仲のいいスタッフや既婚者の友人にするようになっていた。オクテで“女性不信”に凝り固まった岡村さんにしては珍しい、と周囲は驚いていましたね」(同前)

 実は、岡村は女性に対する注文が異常に細かいことで知られる。岡村の知人によれば、「靴の脱ぎ方が悪い」「笑い方が下品だった」「食事のお礼を言わなかった」など些細なことですぐに幻滅してしまうという。

 

 芸人仲間がモデルやタレントとの合コンをセッティングすると、人見知りなのであまりしゃべらず「飲み物は何がいいですか?」とオドオド気を遣うのだが、

「終わった後に『芸能人はイヤや』『すれてる子はダメ』などと色々理由をつけて『あの子はアカン』と言う。めんどくさい性格なんですよ(笑)」(岡村の知人)

 過去には明石家さんまから紹介された女性を、「ガツガツしていて怖い」とフッた逸話まである。

「とにかく条件が厳しくて、まずはキレイで胸の大きい子。芸能人と付き合ったことがなく、男性経験の少ない子。料理上手で気の利く子。べったり自分に依存せず自立している子、などなど……。2006年に“お泊りデート”が報じられた熊田曜子(38)とも、別の大物芸能人との関係を気にして、うまくいかなかったようです。今回の結婚は、知り合ってから長い間、相手を見極めていた慎重さが、いかにも岡村さんらしいなと思いました」(同前)

噂になった熊田、相方の矢部もホッとした

 厳しい条件をクリアした「めちゃ×2イケてるッ!」女性に出会えたワケだ。

この記事の写真(4枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー