昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

米大統領選バイデン氏、勝利演説「国民を分断するのではなく、団結させる大統領に」

source : 提携メディア

genre : ニュース

「私たちは敵ではない」 バイデン氏、団結の演説―米大統領選

7日、米東部デラウェア州ウィルミントンで、大統領選の勝利演説後に手を振るバイデン前副大統領(中央)とジル夫人(右から2人目)、ハリス上院議員(左)(EPA時事)

 【ウィルミントン時事】「国民を分断するのではなく、団結させる大統領になることを誓う」―。米大統領選で当選を確実にしたバイデン前副大統領の7日夜の勝利演説。バイデン氏はコロナ禍に直面する国をまとめ、米国を立て直す決意を語った。

7日、米東部デラウェア州ウィルミントンで開かれた大統領選の勝利を祝うイベントで、笑顔を見せるバイデン前副大統領(EPA時事)

 午後8時40分ごろ、黒いスーツと水色のネクタイ、黒いマスク姿で登場したバイデン氏。穏やかな口調で、時折笑顔も浮かべて国民に語り掛けた。トランプ大統領に投票した人の「失望」にも自身の敗北経験に触れて理解を示した上で、「前進するためには、反対者を敵として扱うのをやめなければならない。彼らは敵ではない。米国民だ」と説いた。支持者からは「なんて丁寧なの」という声が漏れた。

 コロナ禍で演説会場の入場者が制限される中、少し離れた駐車場には人種も年齢もさまざまな1000人以上が集まり、設置された大型モニターで演説を見守った。終了後には花火が打ち上げられ、「バイデン」「大統領選出」の文字が夜空に浮かび上がると、支持者は熱狂。会社員ジョアン・リンサラタさん(60)は「今この時に完璧な演説だった」と評価していた。

この記事の写真(2枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー