昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

「水着姿なんて絶対出したくなかった」発言から3年……吉岡里帆が“水着再解禁”した理由

 写真集「里帆採取 by Asami Kiyokawa」(集英社)を11月5日に発売した女優・吉岡里帆(27)。純白のビキニ姿などを披露した同作は、Amazonのタレント写真集ランキングで首位を走っている。

写真集「里帆採取 by Asami Kiyokawa」(集英社)

 好調な売れ行きの背景には、吉岡が同作で“水着再解禁”したことがある。

「大学時代に京都の小劇場で活動。深夜バスで東京に通い、オーディションを受け続けた苦労人だが、落選続きで伸び悩んだ。そこで21歳の時に挑んだのが水着グラビア。童顔に似合わない豊満なバストを際どいビキニで包み、若い男性を魅了した」(芸能デスク)

吉岡里帆 ©文藝春秋

 16年にはNHK連続テレビ小説「あさが来た」に出演。翌年にかけ「ゆとりですがなにか」(日テレ系)、「カルテット」(TBS系)など連ドラにも立て続けに出演、ブレイクを果たした。

 だが17年、ファンに衝撃が走る。女性向けサイト「She is」に掲載された対談記事で「水着姿なんて絶対出したくなかった」と発言。これが“グラビア拒否宣言”と受け取られたのだ。

「吉岡は生真面目な性格で、女優業に専念する決意表明のつもりだったのだろうが、その後水着を封印したのは事実。対談では『今となっては、グラビアは本当にやってよかった』とも発言しているのだが、人気を支えてきた男性ファンの反発を買い、失速した」(同前)