昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

熱愛はあのK-POPスターとも……?

 そんな“結婚未遂事件”が終わった後も、浜崎は数々の男性と浮名を流した。

 堂々の”交際宣言”をするも1カ月足らずで破局となったバックダンサーの内山麿我氏や、2014年にわずか2年半で離婚した医学生のアメリカ人男性、直近では2019年に自身のバックダンサーを務める20代男性との熱愛も報じられた。

2度目の結婚相手の医学生と浜崎 ©Getty images

 熱愛疑惑は他にもあった。その1人が2010年頃に噂になった元東方神起メンバーのジェジュン(34)だ。

「2010年頃、あゆがジェジュンに会いに突然2泊3日の韓国旅行に出かけたことが業界で話題になりました。実際に、ジェジュンの登壇するイベントであゆの姿が目撃され、ネットニュースでも報じられました。当時、あゆはジェジュンにご執心で、エイベックス幹部も把握していました」(別のエイベックス関係者)

 浜崎とジェジュンのTwitterのやりとりが話題になったこともある。

「ジェジュンの当時のアカウントは非公開設定になっていますが、2010年11月25日号の『女性セブン』では、ジェジュンが浜崎に《いまからコーヒー飲んでくる》《仕事に行ってくる》などとツイートしていた様子を報じています。Twitterでジェジュンは浜崎のことを《あーちゃん》と呼んでいたのですが、浜崎も気を悪くする素振りは全くなく、ファンの間でも熱愛が噂されました」

キム・ジェジュン ©Getty images

 ジェジュンの所属事務所ケイダッシュに浜崎との熱愛関係や韓国で密会していた事実があるかと文書で質問したところ、「そのような事実はございません」と回答があった。ジェジュンの知人が語る。

「当時、浜崎さんがジェジュンを気に入ってくださっていたことはあったようですが、男女の関係にあったとは聞いていません。手さえ握ったことがないそうです」

浜崎 ©Getty images

 エイベックスにもマニュエル氏との”DV騒動”やジェジュンとの関係などについて文書で事実確認をしたところ、以下の回答があった。

「そのような事実は確認できませんでした」

 浜崎は第1子の育児に奮闘しながら、12月24日にはソーシャルディスタンスを確保した上でクリスマスライブを開催する。恋多き歌姫も不惑を過ぎ、尊敬するマドンナのようにビッグマザーとして迷いがなくなったということだろうか。

 11月14日(土)21時から放送の「文春オンラインTV」では、担当記者が本件について詳しく解説する。

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

この記事の写真(26枚)

+全表示

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー