昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

小柴昌俊さん94歳、老衰で死去 ニュートリノでノーベル賞

小柴昌俊さん死去 ニュートリノでノーベル賞―94歳

小柴昌俊さん

 素粒子ニュートリノの観測に成功し、2002年にノーベル物理学賞を受賞した小柴昌俊(こしば・まさとし)東京大特別栄誉教授が12日午後9時19分、老衰のため東京都江戸川区内の病院で死去した。94歳だった。愛知県出身。葬儀は未定だが、家族で執り行う。

 1951年、東大理学部卒。米国留学を経て58年に東大助教授、70年に同教授。87年に定年退官した後、東海大教授などを経て05年に東大特別栄誉教授。

 岐阜県飛騨市・神岡鉱山地下に、3000トンの水を蓄えた観測装置「カミオカンデ」の建設を提唱し、83年に完成させた。当初の目的は素粒子物理学のテーマの一つ「陽子崩壊」の観測だったが、小柴さんは宇宙から飛来するニュートリノの検出に使えると考え、装置を改良した。

ノーベル賞の授賞式で一礼する小柴昌俊さん=2002年12月10日、ストックホルム(AFP時事)

 ニュートリノは理論的に存在が予測されていたが、あらゆるものを通り抜けるため観測が難しかった。小柴さんはニュートリノが水の分子と衝突した際、ごくまれに生じる光を捉えようと試みた。

 87年1月、カミオカンデで観測を開始。翌2月、地球から17万光年離れた大マゼラン星雲で起きた超新星爆発で生じたニュートリノの観測に成功した。小柴さんが定年退官する1カ月前だった。

 カミオカンデの後継装置で、5万トンの水を蓄え96年に観測が始まった「スーパーカミオカンデ」では、梶田隆章・東大宇宙線研究所長らがニュートリノに質量があることを確認した。梶田さんは恩師の小柴さんに続き、15年にノーベル物理学賞を受賞した。

 03年には、ノーベル賞の賞金などを基に、基礎科学研究や理科教育の振興を図る「平成基礎科学財団」を設立。科学教室の開催などを続けていたが、賛助金の減少や小柴さんら役員の高齢化で17年に解散した。家族によると、数年前から体調を崩し気味で、今年3月末から入院していた。

この記事の写真(2枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー