昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

血だまりの中に倒れていた男女…「川崎のイケメン税理士」を殺した「無職女性29歳」の“ストーカー愛”

 東急田園都市線・溝の口駅近くの閑静な住宅街。10月29日朝、その真新しいマンションに険しい顔をした警察官や救急隊員らが続々と入っていった。

「やがて『こっちは意識がある』という声が聞こえ、1人目がまずストレッチャーで運ばれていきました。2人目の方が男性で、白いシャツにスラックス姿、フォーマルな靴下を履いていて、出勤前か、仕事から帰宅した後のような格好でした」(マンションの住民)
◆◆◆

「娘がトラブルから彼を殺(あや)めてしまった――」

 発端はその日の午前8時前、無職・高橋舞(29)の母親から寄せられた110番通報。“彼”と呼ばれた男性が、川崎市高津区の現場マンションに住む税理士の白井僚(つかさ)さん(35)だった。

白井さんが殺害されたマンション

「高橋は犯行後、妹にも連絡をしていたようで、母親の前に20代の女性からも『男女が自殺したようだ』と119番通報があった」(社会部記者)

 白井さんの部屋に警察官らが駆け付けた際、2人は夥しい血溜まりの中に倒れていたという。腹部を刺されていた白井さんは、搬送先の病院で死亡が確認された。高橋は右手指に切り傷を負って出血していたものの、命に別状はなし。10月30日夜、殺人と住居侵入の容疑で通常逮捕となった。

「殺害時刻は10月28日夜から29日の朝方頃の間。凶器とみられる血の付いた刃物は室内から見つかっている」(捜査関係者)