昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

高精度放射線治療を駆使し医療レベルを常に進化

がん・感染症センター 東京都立駒込病院

2020/12/21

PR

がんと感染症の専門医療に重点を置く、がん・感染症センター東京都立駒込病院。その中で放射線診療科は「患者さんの身体に優しく、確実に治療する」をモットーに、高精度の放射線治療装置と、熟練した専門職のチームで日々治療にあたる。

限局性がんを精度高く叩き正常組織への負担は軽減

放射線診療科治療部 部長
唐澤 克之 Karasawa Katsuyuki

東京大学医学部卒。東大放射線科、スイス国立核物理研究所、社会保険中央総合病院放射線科を経て現職。日本医学放射線学会認定放射線科専門医。日本放射線腫瘍学会理事、日本肺癌学会理事、日本頭頸部癌学会代議員、日本癌治療学会代議員。

 放射線治療は、画像診断技術や治療装置における照射技術の発展により、多様な種類のがん治療の適応となっています。当科ではサイバーナイフ、トモセラピー、ヴェロという高精度放射線治療装置を導入し、多くの治療実績を上げてきました。これらの組み合わせにより、小さな腫瘍にも1回の照射で高い線量を当てて治療期間の短縮も可能な「定位放射線治療」と、腫瘍の微細な形に合わせた照射で正常組織への影響を抑える「強度変調放射線治療(IMRT)」が可能。さらにヴェロとサイバーナイフは、呼吸による臓器の動きまで追尾する照射機能を併せ持ちます。これらの特長をふまえて治療を計画・実行することで、患者さんのQOL(生活の質)への配慮と、より高い治療効果の実現が可能なのです。

医師10名、診療放射線技師20名、医学物理士6名、看護師7名のチームで幅広い疾患に対応
医師10名、診療放射線技師20名、医学物理士6名、看護師7名のチームで幅広い疾患に対応

 また、従来は肺や肝臓、前立腺、腎臓にのみ保険適用の「体幹部定位放射線治療」が2020年4月、転移性の脊椎腫瘍や5個以内の少数個転移まで適用拡大されました。もともと転移性脊椎腫瘍では緩和治療の少ない線量照射が通例でしたが、近年は免疫チェックポイント阻害薬や分子標的薬など、抗がん剤の進化で予後が良いこともあり、再発リスクの低減は念願でした。それが今回の保険適用拡大で、十分な線量による積極的治療が行いやすくなったのです。少数個転移も同様で、従来は諦めてきたようなケースでも多くの患者さんに福音をもたらしています。

 そのほか、血液腫瘍に対する造血幹細胞移植の前処置としての全身照射で、当院ではトモセラピーによるIMRTで肺や腎臓、水晶体などのリスク臓器への放射線量低減を実践。さらに線量調整の精度を上げる臨床試験中で、適用年齢の拡大なども期待されます。

 このような高精度放射線治療を支えるのは、充実したスタッフです。当院では熟練した専門職が2グループ制で治療にあたり、診療放射線技師も輪番で機器を担当して研鑽。そうした体制が近隣医療機関の信頼を得て、患者紹介も増えました。今後も地域連携を深め、地域医療に貢献してまいります。

INFORMATION

がん・感染症センター 東京都立駒込病院
〒113-8677 東京都文京区本駒込3-18-22
TEL.03-3823-2101 
【予約専用】03-3823-4890
https://www.cick.jp/

出典 : 文春ムック スーパードクターに教わる最新治療2021