昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「俺を叱ってください」勝手に離婚宣言…“借金まみれ”ノブコブ徳井健太に妻の悲鳴

 東野「奥さんとか、家族の人は喜んでんの? 忙しくなって」

 徳井「いや、だから、離婚しましたよ」

 東野「え!?」

 10月27日、YouTubeで生配信された「吉本芸人生存確認テレフォン」。そこでMCの東野幸治に突然“離婚”を告白したのは、お笑いコンビ「平成ノブシコブシ」の徳井健太(40)である。

◆◆◆

 相方の吉村崇(40)は“破天荒キャラ”で先にブレーク。人気、実力ともに吉村におんぶに抱っこと見られていたのが徳井だった。

徳井健太 ©時事通信社

「吉村から『ボケもツッコミもトークもできなかったら、お前何ができるんだよ!』などと何度も罵倒され、ずっと殺意を抱いてきたそうです。ところが最近、バラエティ番組で心の闇を抱える“腐り芸人”として注目を浴びてブレーク。『デイリー新潮』で連載も始めました」(芸能記者)

 東野の番組で今年春に離婚したと語った徳井。だが、妻A子さんの親族が明かす。

「徳井は今年1月に突然家を飛び出し、署名が入った離婚届を一方的に送りつけてきた。ですが、A子は夫の変貌にショックを受けたのと、今後の生活を案じて離婚届を提出していません。A子は病気を抱えており、働ける状態じゃないんです」

 同棲時代を含め、A子さんとの生活は20年に及ぶ。