昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

金銭感覚がメチャクチャ

「看護師をしていたA子がずっと徳井を養ってきましたが、彼は酒とギャンブルで借金まみれ。A子が寝ている間に、財布から銀行カードを抜いて金を引き出すこともあった。コンビが売れてきた7年前に個人事務所を作ってからは、A子がお金を管理するようになり、サラ金からの借金も返済しました。しかし、A子の帰省中にギャンブルのために吉本興業から100万円を借りるなど、金銭感覚がメチャクチャなんです」(同前)

 夫婦には中2と小3の息子がいるが、父親としては合格点だったという。

「家にいたりいなかったりでしたが、子供にはきちんと向き合っていました。A子が子供を怒った後に、『さっきのは感情で怒ってるから響かないよ。こうしたほうがいい』と諭すこともあったとか。でも、家を出て行ってからは、『子供とはもう会う気はない』と言っているそうです」(同前)

相方の吉村に“離婚報告”はせず

 家出後、生活費を払うことで合意したが、最初の月から未払いに。数カ月後にまとめて払われたものの、9月には5万円しか振り込まれなかったという。

 A子さんを直撃すると、離婚が成立していないことを認め、こう悲鳴を上げた。

「子供たちのことを一番大事に考えてほしい。だから2人で決めた生活費のお金は、しっかり振り込んで欲しいです」

 一方の徳井も直撃した。