昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

朝ドラ「エール」 最終週に志村けんが再登場

 11月27日(金)に最終回を迎えるNHK連続テレビ小説「エール」(総合 午前8時~ほか)。最終週の放送に、今年3月末、新型コロナウイルスによる肺炎のため、70歳で亡くなった志村けんが再登場することが、「週刊文春」の取材でわかった。

志村けん ©文藝春秋

 志村が演じるのは、西洋音楽の重鎮・小山田耕三。窪田正孝(32)演じる主人公の古山裕一の人生に大きな影響を与えた人物だ。ドラマ序盤では、裕一の類まれなる才能を見出す一方、その存在が自らの地位を脅かすのではないかと恐れる場面などが描かれた。

 志村が最後に登場したのは、10月1日の放送。番組公式ツイッターが、〈裕一が幼き頃から憧れ続けた、偉大な作曲家・小山田を演じた志村さん。この日が最後の登場となりました。〉と投稿し、視聴者から「もっと観たかった」などと惜しむ声が上がっていた。

裕一の才能に嫉妬していた小山田先生(番組HPより)

 チーフ演出・吉田照幸監督が志村の再登場を明かす。

「最終週に出てきます。最後のシーンは、涙でモニターが見えませんでした。実はサプライズがあるので楽しみにして下さい! 『最後まで面白いものを作るんだ』。これが志村さんの哲学ですから」

息の合った演技を見せる窪田と二階堂(NHK提供)

 制作統括・土屋勝裕チーフプロデューサーも続ける。

「僕も編集室で見て驚きました。志村さんは我々に最後まで“お土産”を残していってくれました」

 果たして、11月23日(月)から始まる最終週にどのような形で再び登場するのか。物語の結末とともに、目が離せない展開になりそうだ。

裕一と音の物語はいよいよ最終盤へ……(NHK提供)

 11月19日(木)発売の「週刊文春」では、朝ドラ「エール」を完全保存版と題して大特集。窪田とヒロイン・二階堂ふみの知られざる関係、森七菜・志田未来・野間口徹ら出演者が明かす名場面、薬師丸ひろ子の讃美歌独唱やインパール作戦の描写など大反響を呼んだシーンの制作秘話など、「『エール』の秘密」を5ページにわたって取り上げている。

この記事の全文は下記サイトで購読できます
Yahoo!ニュース

この記事の写真(4枚)

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー