昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

元俳優・新井浩文被告、二審も実刑 マッサージ店女性従業員に乱暴

新井浩文被告、二審も実刑 マッサージ店女性乱暴―東京高裁

 自宅で出張マッサージ店の女性従業員に乱暴したとして、強制性交罪に問われた元俳優新井浩文被告(41)=本名・朴慶培、韓国籍=の控訴審判決が17日、東京高裁であった。細田啓介裁判長は一審判決後に慰謝料300万円の支払いを含む和解が成立したことを考慮し、懲役5年とした東京地裁判決を破棄、懲役4年を言い渡した。

 細田裁判長は判決で、女性は意に反して性的行為を重ねられていく中で、「抵抗することが著しく困難な状況にあった」と認定。弁護側は「被告は女性が合意していると誤信した」と無罪を主張したが、「嫌悪感や拒絶感を示しており、全く察知できなかったとは考えられない」と退けた。

 判決によると、新井被告は2018年7月1日未明、当時住んでいた東京都世田谷区のマンションで、女性に頭を押さえ付けるなどの暴行を加えてわいせつな行為をした。

 新井被告はNHK大河ドラマ「真田丸」や北野武監督の映画「アウトレイジ ビヨンド」など、多数の作品に出演していた。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー