昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「ふざけるな、これからだろう」森且行の転身に泣いた元SMAPメンバー《オートレース日本一秘話》

バラドルとの熱愛でジャニーズ”おかんむり事件”も

2020/11/20

 元SMAPのオートレーサー、森且行(46)がデビュー24年目にして悲願の日本一になった。今月3日に埼玉・川口オートレース場で開催されたオートレースの日本一決定戦「SG第52回日本選手権オートレース」決勝戦で勝って、最高峰のレースを制した。

 森は「(日本一になるといってオートレーサーになったので)約束が守れて良かった。本当に二十数年間、頑張ってきて全然、SGの優勝に届かなかった。日本選手権という一番取りたいタイトルを取れてうれしい」と喜びをかみしめた。

優勝した森且行 ©時事通信社

 解散してから足並みが揃うことのなかった元SMAPの面々も、仲間の勝利にお祝いメッセージをそれぞれ発表。ファンでなくても“胸アツ”な展開となった。

 森が芸能界の頂点に上り詰めようとしていたジャニーズのアイドルグループSMAPからまさかの脱退をし、公営ギャンブルの世界に飛び込んだのは1996年。まだ22歳の頃だった。そんな“変わり者”がたどった軌跡と、元SMAPのメンバーたちとの絆を検証する。

王子様というよりワイルドな戦士タイプ

 森は1987年、中学2年の時にジャニーズ入りした。1988年4月にSMAPが結成され、1991年9月に「Can't Stop!! -LOVING-」でCDデビューした。

 当時のSMAPは6人組。背が高くて大人びて見えた森だが、リーダーの中居正広(48)と木村拓哉(48)の方が年上で、早生まれの森は稲垣吾郎(46)と同学年。その1学年下が草彅剛(46)で、香取慎吾(43)はさらに2学年下だ。

SMAP ©文藝春秋

「ジャニーズアイドルの基本は“王子様”。森君はスタイルもいいし格好良かったのですが、王子様というよりワイルドな戦士タイプで、人気が集まるタイプではありませんでした。大人びたハンサムボーイということで、木村拓哉と比べられることも多かったけど、クールで面白いことを言うタイプでもないし、正直あまり目立ちませんでした」(ワイドショーリポーター)

 CDデビュー前から日本武道館で単独コンサートを開くなど期待が大きかったSMAPだが、ブレイクには時間がかかった。ヒットチャートの1位を獲得したのは、デビュー4年目の12曲目の「Hey Hey おおきに毎度あり」。そんな苦難の道のりの中で、森は他のメンバーと違う独自路線を歩んでいく。