昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

創業者は“ホワイト企業”自慢をしていたが…「富士そば」残業代未払い提訴

2020/11/20

 首都圏を中心に国内120店舗以上を展開する立ち食いそば店「名代 富士そば」で、“勤務記録の改ざん”が明らかになった。

「労働組合に加盟する係長や店長ら18人が11月13日、会見を開き、過去2年分の残業代未払い額計約2億5000万円を求める労働審判を申し立てました。労組によれば、月200時間を超える残業が続き、心の病を発症すると、降格させられるケースが相次いだそうです」(社会部記者)

 さらに、運営会社ダイタンディッシュの役員が今年5月、従業員が勤務した日を、雇用調整助成金の申請対象となる「特別休暇」と書き換えるよう部下に指示していたことも発覚した。

深夜勤務の火曜が「欠勤」扱いに

「富士そばと言えば、パートやアルバイトにも有給休暇を与え、ボーナスや退職金も支払う“ホワイト企業”としても知られていました。それが、トップの経営理念でもあったはずですが……」(金融機関幹部)

 グループを統括するのは、ダイタンホールディングスの丹道夫会長(84)だ。

「丹氏の口癖は『人はみな平等』。幼い頃に継父からイジメを受けたり、八百屋で丁稚奉公をするなど、苦労した経験からそう思うようになったといいます。20代の頃に友人と経営した不動産会社で“ひと儲け”しますが『こんな商売は麻薬だ。地道に日銭を稼ぐ仕事をしたい』と一念発起し、36歳で富士そばを創業しました」(同前)

 以降、“そば一本”で年商100億円の一大チェーンを築き上げていく。