昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

「俺は頑張るだけだよ」遅咲き、不運、敗戦処理……「戦力外通告」阪神・能見篤史の“行き先”

 阪神一筋16年の能見篤史投手(41)が事実上の“戦力外通告”を受け、縦縞のユニホームを脱いだ。

 大阪ガスから2005年にドラフト自由枠で入団。一軍定着は09年、30歳になってからと遅咲きだった。この年に13勝を挙げて以降、先発の柱となり、開幕投手も3度務めた。

阪神での最終戦でセーブを挙げ、梅野と抱き合って喜ぶ能見 ©共同通信社

「14年から3年連続でリーグ最多となる2ケタ敗戦を記録しましたが、防御率は3点台をキープ。打線の援護に恵まれない“不運”なエースでした」(番記者)

 18年に中継ぎに転向したが、矢野燿大監督体制となった19年からはブルペン内の序列が下がっていく。

「昨オフ、1500万円減の推定9500万円で契約更改した際に、自ら『便利屋でいい』と宣言。すると今季は敗戦処理ばかりさせられ、後輩たちは『まだ投げられるのに気の毒だ……』と同情していた」(同前)

 厳しい立場に追いやられたのは8月14日のこと。

「先発で結果が出ない左腕の岩貞祐太を矢野監督は中継ぎに配置転換。それは同じ立ち位置の能見を見限ったことを意味していた。さらに不調で二軍落ちする9月半ばまで“さらし者”のような形で一軍に帯同させるなど、半ば無言の圧力で現役引退を悟らせようとしていました」(球団OB)

 そうした冷遇にも腐ることなく淡々と練習し、自分の役割をこなし続けた。

「後輩が気遣って話しかけても『俺は頑張るだけだよ』と笑って返していた。むしろ自主トレを一緒にしていた『チーム能見』の岩貞、梅野隆太郎、大山悠輔らの調子をずっと気にかけていたのも彼らしい」(同前)