昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

移籍先の有力候補は?

 この球界最年長左腕を他球団も戦力として注視する。

「長身左腕は貴重だし、制球力も抜群なので短いイニングならまだいける。移籍先として有力なのはオリックスで、調査も始めたようです」(パ・リーグ球団幹部)

 今季リーグ最下位のオリックスは中継ぎ陣が弱く、年長者のまとめ役もいない。

「プロの厳しさを若手に伝えるのに打ってつけの人材。梅野を構え方から教えて一人前にしたように、捕手の育成も期待できる」(同前)

©文藝春秋

 阪神での最終登板となった11月11日のDeNA戦では最速149キロの直球で打者を翻弄。9回を締めて自身2個目のセーブを挙げた。試合後には予定になかった甲子園の場内一周でファンの声援に応えた。

「能見さんの人柄ゆえ、球団も許可した精一杯の送り出しでした。『チーム能見』の3人は号泣していましたね」(球団関係者)

 最終戦の記念球は「僕の意志とともに」と岩貞にプレゼントした能見。「まだまだもう少し、納得いくところまでやりたい」と涙は流さず、甲子園を去った。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー