昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載シネマチャート

《タイの洞窟遭難事故から2年》世界各国から集まったダイバーの前代未聞の救出作戦とは 「THE CAVE サッカー少年救出までの18日間」を採点!

シネマチャート

〈あらすじ〉

2018年、タイ北部。地元サッカーチームの12人の少年とコーチは、練習後に立ち寄った森林公園の洞窟内で、突然の豪雨による増水に見舞われ、身動きが取れなくなってしまう。国内外から集まった軍や経験豊富なダイバーと遭難救助の専門家たちの捜索により、全員の生存が確認されたが、彼らは洞窟の入口から4キロも離れた地点にいた。遭難した日からすでに9日が経過しており、雨がまた降ればさらに水位が増してしまう。一刻を争う状況で、世界各国から集まった洞窟ダイバーたちによる、前代未聞の救出作戦が決行された。

〈解説〉

遭難から18日目に13人全員が救出された、タムルアン洞窟遭難事故を映画化。監督・脚本はアイルランド人の父とタイ人の母をもつ、バンコク出身のトム・ウォーラー。実際に救助に当たったダイバーたちが本人役で出演している。104分。

  • 中野翠(コラムニスト)

    ★★★☆☆当時、強い関心を持って注目した事故。救出劇の話は興味深いものの、子供達はどう耐えたかの描写がもっと欲しかった。

  • 芝山幹郎(翻訳家)

    ★★★☆☆実際の事件は十分にハラハラしたが、狭くて暗い洞窟を考えると、映画にはしづらい題材。ダイヴァーの存在感はさすが。

  • 斎藤綾子(作家)

    ★★★★☆豪雨で水没しかけた洞窟の中を、タンクの限られた空気で救助できた事が奇跡。様々なプロが団結しての、必見の実話。

  • 森直人(映画評論家)

    ★★☆☆☆サスペンスの演出が薄い。救出劇を巡る周辺の情報を追うことに囚われ、実話の平板な再現に終わっているように思う。

  • 洞口依子(女優)

    ★★☆☆☆時折リアルなキャストに緊張するも、救出される少年側の情報量が足りないなど、映画の力もドキュメントとしても薄味。

  • もう最高!ぜひ観て!!★★★★★
  • 一食ぬいても、ぜひ!★★★★☆
  • 料金の価値は、あり。★★★☆☆
  • 暇だったら……。★★☆☆☆
  • 損するゾ、きっと。★☆☆☆☆
© Copyright 2019 E Stars Films / De Warrenne Pictures Co.Ltd. All Rights Reserved.

『THE CAVE(ザ・ケイブ) サッカー少年救出までの18日間』(タイ、アイルランド)
新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開中
http://cave18.jp/

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー