昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020年7月、保奈美は個人事務所を設立していた

 テレビ局幹部が語る。

「今春、鈴木さんの三女が高校を卒業し、子育てが一段落した。今後はドラマや映画のキャスティングに強いA女史の会社と業務提携し、積極的に芸能活動を行うというのです」

「週刊文春」が取材を進めると、2020年7月、鈴木が新しい個人事務所を作っていたことが判明。鈴木の3歳年下の妹が代表取締役、母は取締役を務めている。定款の目的欄には芸能プロダクションの経営の他に、不動産管理や貴金属の輸入販売などが記されている。夫の事務所から移籍するのか――。

貴ちゃんねるず』で離婚を報告する2人

石橋は活動の軸足をYouTubeへ

 石橋は前身番組から30年続いたバラエティ「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジ系)が18年3月に終了。レギュラーはバラエティ番組「石橋、薪を焚べる」(同)のみだが、最近はYouTubeで再び脚光を浴びている。

YouTubeに活躍の場を移している石橋 ©文藝春秋

 石橋夫妻の間には不仲説が囁かれてきた。例えば鈴木が17年から連載中の「婦人公論」のエッセイに、娘は頻繁に登場するが、夫に触れたのは数回だけだ。

 新事務所を立ち上げたのは離婚への布石なのか。