昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

木村拓哉は合流できるか……森且行46歳がつなぐ「SMAP再集結」の可能性

「えっと……やっと約束が守れて良かったと思います」

 11月3日、オートレースの日本選手権を制し、優勝インタビューで声を詰まらせた森且行(46)。

日本一となり賞金ボードを掲げる森

「お互い日本一になろう」

 1996年、突然のSMAP脱退時に仲間と交わした約束から24年後。メンバー全員が揃ってメディアで取り上げられる機会を、森が提供した――。

◆◆◆

 46歳となった森にとって、年間5レースしかないSGレースでの優勝、即ち“日本一”の称号は夢のままで終わろうとしていた。

「40過ぎたら、もうSGは獲れないなと、はっきり思っていました」

 森自身、周囲にそう明かしていたと専門記者が語る。

「森は最高クラスのS級にいますが、その中で実力は下位の選手。今回は先頭の2選手が転倒した結果、3番手だった森の前が開けて必死で逃げ切った。運に恵まれましたが、勝てないときでもバイクの整備と練習の手を抜かないマジメな選手。その姿を見ていた同期の選手は『良かったね』と祝福していました」

木村拓哉からも“異例”のコメント

 この快挙に、元SMAPのメンバーも皆、祝福のコメントを出し、森を媒介に久しぶりにSMAPが“再集結”した。とは言っても、そのやり方は三者三様だ。

「新しい地図」の稲垣

「稲垣吾郎(46)、草彅剛(46)、香取慎吾(43)の『新しい地図』の3人はそれぞれのSNSで祝福し、連名でもコメントを発表。一方の木村拓哉(47)は、『それぞれの選んだ道で、それぞれが掴むもの。今後も健闘を祈ります』と、醒めたコメントだったため、一部SMAPファンの反発を呼びました。それでもジャニーズ事務所を通して、退所した森へのコメントを出すのは異例中の異例。しかも新しい地図が出した直後だったので、ジャニーズも木村も『冷淡だ』という批判は避けたかったのでしょう」(スポーツ紙記者)

 そして最後にコメントを発表したのが、元リーダーの中居正広(48)だった。