昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

みのもんたが語る「終活」 パーキンソン病との戦いとレギュラー番組終了

 タレント・みのもんた(76)が11月23日、「週刊文春」の取材に応じ、パーキンソン病を患っていることや、番組終了、社長業の引退など、“終活”に向けて動いていることを明かした。

 全盛期には、レギュラー番組16本、推定年収6億円を誇ったみのだったが、今年3月末に12年半続いた「秘密のケンミンSHOW」(読売テレビ系)の司会を降板し、レギュラー番組は現在、関西ローカルの「朝からみのもんた」(読売テレビ系・日曜朝6時半~7時)のみ。「秘密のケンミンSHOW」降板の理由を、みのが明かす。

みのもんた ©文藝春秋

「実は僕は、糖尿病が持病なんですよ。ところがそこへもってきて去年の暮れ、パーキンソン病を発症してしまってね」

――それは公表されてない?

「誰も聞かないから。『秘密のケンミンSHOW』(読売テレビ系)でアップに映った時、目がうつろになっていた。それで調べたらパーキンソンとわかりました。それで僕、『ケンミンSHOW』をやめたんです。これは筋肉が硬くなっていく病気なんですよね。顔の筋肉にも影響出ますし。それから今、いい薬があるんですよ。その薬を朝・昼・晩飲んで、そういうことがあってね、そろそろ引退なんていうのはおこがましい話で、潮時っていう言葉を僕は使ってるんですけどね。文春さんにもね、この辺は書いてほしい。たくさんの芸能人の方たちいますよね。潮時っていうのを間違えないようにしてほしいです」

「朝からみのもんた」より

――その後、「朝からみのもんた」を始められたのは?

「これはね、僕は立ちの司会しかやったことないんですけど、椅子に座っていいっていうことと、関西ローカルの番組なんですけど、ウォーミングアップをするにはちょうどいい番組なんだよ。それを1年間ということです。まだ半年、来年の春まで続きますけど」

――1年というくくりなんですか。

「そうそう。やっぱりみっともないですからね。あんまり立ったり座ったりするのも不自由だなんていうのも良くないしね。いい薬があるから元気にはなると思いますけどね。今後に期待してますけど、でもあんまりしがみついてもね」

親族と鎌倉のうなぎ屋から出てきたみの

――来年の春に終わった後、別の番組をされる予定は?

「今のところ番組の予定はないですね。僕がやっぱりこう、元気にしゃべれればいいけれども、今はなんていうか薬を飲んでいる最中でしょ。パーキンソンがどんな病気かっていうのは調べてもらえればわかりますけれど、やっぱり結構、階段の上り下りとかね、もちろん走るなんていうのは厳禁だし。今はベッドから起きたり座ったりしゃがんだり、寝たり寝返りを打つのも不自由になってきてるんですよ。介護用のベッドの購入を考えていて、実際見に行ったり、カタログを見たりしているくらい。そんな毎日です」

©文藝春秋

 さらにみのは、自身が社長を務める水道メーター会社「ニッコク」の社長を引退することを明かした。

「12月26日がちょうど会社の80周年なんですよ。それを機に僕は社長を辞します」

――会長になるということですか?

「かっこよく言えば会長ですよね。その後は、今まで僕と一緒に努力してきた人間が社長になります。新しい血をどんどん入れないとね。子供三人が取締役にいますが、身内は株主だけでもいいですからね。もちろん僕みたいに実力があれば、自分で勝ち取ればいいだけの話ですから。企業っていうのは、存続する力がなければ全く意味ありませんからね」

 11月26日(木)発売の「週刊文春」では、みのが7年前に出会った40歳年下の”介護恋人”との“老いらくの恋”、彼女に贈与した1.5億円マンション、彼女との関係を語ったみのの50分インタビューなどを詳報する。

この記事をより詳しく読みたい方は「週刊文春 電子版」で購読できます。
週刊文春 電子版を見てみる

この記事の写真(4枚)

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー