昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

札幌2歳衰弱死 男との遊びを優先して……22歳の母が虐待を認めない理由

 黒のスーツに伸びきった髪。公判中、終始険しい表情を見せていた女は、ススキノの人気キャバクラ嬢だった時代の派手な面影を完全に失っていた。

 札幌市中央区で、当時2歳だった池田詩梨(ことり)ちゃんが衰弱死した事件。札幌地裁は11月20日、保護責任者遺棄致死の罪に問われた母親・池田莉菜被告(22)に対し、懲役9年の実刑判決を言い渡した。

「莉菜は16年12月、18歳で詩梨ちゃんを出産しますが、未婚のシングルマザーとなりました。ツイッターには生後3、4カ月の娘の写真とともに『めんこい』と投稿したりしていた。一時期は莉菜の母親も子育てを手伝っていましたが、昨年4月頃から、キャバクラの客だった飲食店経営の藤原一弥被告(26)との同居を開始。以降、詩梨ちゃんへの虐待が加速するのです」(司法担当記者)

札幌ススキノ ©iStock.com

 事件は、昨年6月5日早朝、莉菜の119番通報で発覚。娘の体調が悪いといった内容だったが、すでに心肺停止状態で、やせ細った体には複数のあざやタバコの火を押し付けたようなやけどの痕があった。体重は同年代平均の半分の6キロ程度しかなかったという。

「莉菜は後に、詩梨ちゃんを衰弱させたまま放置し死亡させたとして逮捕、起訴された。傷害致死罪などに問われた交際相手の藤原も懲役13年の地裁判決を受け、控訴中です」(同前)