昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「禁煙がベストチョイスです」フィリップ モリスがホンネで語る喫煙者への提案

村尾信尚×フィリップ モリス ジャパン副社長・井上 哲 対談

PR

時代の転換期を乗り切るためには、従来の延長線上にあるプランAではなく、別の発想に立つオルタナティブ(代替案)としてのプランBが重要。長年、テレビキャスターとして活躍されてきた村尾さんはそう語る。喫煙をめぐっても、プランBとしての「加熱式たばこ」に注目が集まっている。

「紙巻たばこ」から「加熱式たばこ」へ

井上 みなさんの前でプレゼンテーションをする際は、まず「喫煙には害があります」からスタートします。「したがって、たばこの健康被害をなくすためには、吸っていない人は吸い始めない。そして、吸っている人は禁煙をする。これがベストチョイスです」とお話しするんです。

村尾 思い切った発言ですね(笑)。でも、自ら問題点を提示できるかどうか、そういうところを消費者は敏感に感じとりますから。「ベストは禁煙」という人が、どんなたばこを我々にリコメンドするのか、興味がわいてきます。

井上 WHOの試算では、2025年の時点でも、世界ではまだ10億人以上の人たちがたばこを吸い続けているんです。その人たちに向けて、ベターチョイスとして、「紙巻たばこ」から「加熱式たばこ」に切替えてみてはいかがですかと提唱しています。

むらお・のぶたか 1955年、岐阜県生まれ。一橋大学経済学部卒業後、大蔵省(現財務省)入省。大蔵省主計局主計官、財務省理財局国債課長などを経て、2002年退官。三重県知事選挙に出馬するも落選。03年より関西学院大学教授に就任。06年から18年まで日本テレビ系列『NEWS ZERO』のメインキャスターを務めた。
むらお・のぶたか 1955年、岐阜県生まれ。一橋大学経済学部卒業後、大蔵省(現財務省)入省。大蔵省主計局主計官、財務省理財局国債課長などを経て、2002年退官。三重県知事選挙に出馬するも落選。03年より関西学院大学教授に就任。06年から18年まで日本テレビ系列『NEWS ZERO』のメインキャスターを務めた。

村尾 ハーム・リダクション、害を低減するという考え方ですね。

井上 ベストチョイスは禁煙です。だけど、それでも吸い続けたい方は、「加熱式たばこ」という、より良い選択肢を採用することで、健康への害が低減される可能性があります。

村尾 世の中にそうそうベストなことというのはありませんからね。より害が少ないという見地から、ちゃんと言ってくれるほうが信頼できる。ただ、その場合も、科学的な根拠や統計学的な数値で議論しなければいけません。

井上 誤解されている方が多いのですが、呼吸器系、循環器系のいわゆるたばこ関連疾患の主な原因というのは、ニコチンではないんです。問題は「燃焼」があるか、ないか。たばこに火をつけると、だいたい800度くらいでたばこ葉と巻いている紙の両方が燃えて煙が発生し、その中に多くの有害性成分が含まれています。それを吸うと健康への害が生じるわけです。弊社の「加熱式たばこ」では、マイクロチップを内蔵した温度センサーで、約350度以上に上がると加熱を止めるように設計されています。つまり「燃焼」が起こらないようにしているわけです。そこから出てくるのは、煙ではなく、主に水とグリセリンとニコチンから成るたばこベイパー(蒸気)なんです。この蒸気に含まれる有害性成分量を、紙巻たばこの煙に含まれる有害性成分量と比較したところ、平均95パーセント低減されていることが検証されました。

村尾 なるほど。

井上 じゃあ、この蒸気を吸い込んだら、どうなるか。「曝露」と呼ばれるものですが、蒸気を吸い込んだときに、体内で有害性成分にどれだけ曝露しているか、つまり体内でどれくらい吸収されるかという検証もやって、エビデンスを出しました。その結果はFDA(アメリカ食品医薬品局)にも共有しています。昨年7月、弊社の加熱式たばこ製品(IQOS)は、FDAから「曝露低減たばこ製品」としての販売が許可されました。「加熱式たばこ」としては第1号です。

村尾 地道な検証を一つ一つ積み重ねていくことで、一歩ずつ前進していくという感じですね。大学の授業でずっと福島の復興を取り上げているのですが、科学的根拠のないまま、福島産の農作物は危険だとか言われて、価格が下がっています。これは福島のみなさんにとって不幸なことだし、県外の人間にとっても同様です。まずは科学的根拠でもって、喫煙者と非喫煙者のみなさんに説明することが重要です。

井上 哲(いのうえ・さとし) 1962年、奈良県生まれ。高校卒業後、米国California Lutheran Universityに留学。帰国後、東京大学法学部に学士入学。89年、松下電器産業(現パナソニック)に入社。その後、アンダーセン・ビジネスリスク・コンサルティング、アップルなどを経て、2007年フィリップ モリス ジャパンに入社。09年から現職。
井上 哲(いのうえ・さとし) 1962年、奈良県生まれ。高校卒業後、米国California Lutheran Universityに留学。帰国後、東京大学法学部に学士入学。89年、松下電器産業(現パナソニック)に入社。その後、アンダーセン・ビジネスリスク・コンサルティング、アップルなどを経て、2007年フィリップ モリス ジャパンに入社。09年から現職。

井上 弊社の場合、たばこがもたらす健康への害を減らす研究開発を、20年近く前にスタートしました。スイスの研究所に世界中から様々な分野の研究者を集めて、独自の研究検証結果を公開してきました。昨年4月から施行された改正健康増進法では、初めて「紙巻たばこ」と「加熱式たばこ」が区別されたんです。これも、いままでいろいろな検証結果のエビデンスを提出してきた成果だと思っています。

村尾 ダーウィンの進化論じゃないですが、どんな業界もまわりの環境の変化に応じて進化していかなければいけない。そうでなければ持続していくことはできません。

井上 弊社もサステナビリティ戦略を前面に打ち出しています。特にSDGsの3番目の目標、グッド・ヘルス・アンド・ウェルビーイングです。最終的には「煙のない社会」を実現して、公衆衛生に貢献するというのが我々のミッションです。SDGsに関連して、経済学者のマイケル・ポーター氏が提唱しているCSVという考え方があります。新しい社会的価値の創造です。「加熱式たばこ」の場合、たばこの不始末による火災の心配がありません。つまり「加熱式たばこ」は健康問題だけでなく、火災予防の観点からも新しいソーシャル・バリューを生み出すと考えています。実際に、岐阜の白川郷では、世界遺産である合掌造りの建物を火災から守るために、合掌造り集落内では火をつける紙巻たばこのない環境づくりを進めており、「加熱式たばこ」専用エリアを代わりに設けています。

火災予防のため、白川郷・合掌造り集落内では紙巻たばこのない環境づくりへ
火災予防のため、白川郷・合掌造り集落内では紙巻たばこのない環境づくりへ
集落内には「加熱式たばこ」専用スペースが設けられている
集落内には「加熱式たばこ」専用スペースが設けられている

村尾 日本では、ついつい100パーセント白か黒かという議論になりがちですが、その中間地点、70から80あたりを目指して、ベターチョイスを提唱する御社の姿勢は、大変現実的だと思います。異なる嗜好の人たちが大勢いるなかで、よりみんなが妥協できるところで解を求めていくという、社会の意思決定の仕方が大切ですね。

提供/ フィリップ モリス ジャパン


photograph: Nanae Suzuki
 hair&make: Yasue