昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

“ぶれる柔軟さ”が売り? 最古の政党・共産党、志位和夫委員長が“右旋回”する理由

 11月24日に委員長在任20年を迎えた共産党の志位和夫委員長(66)の“右”旋回が話題だ。

「尖閣諸島周辺の緊張の最大の原因は、日本が実効支配している領土を力ずくで現状変更しようとする中国側にある。中国側の覇権主義的な行動が一番の問題」

ピアノの腕前は玄人はだし ©共同通信社

 実はこれ、中国の王毅外相の言動に対する志位氏の記者会見での発言。24日の日中外相会談後の共同記者発表で、王氏は日本漁船に“緊張”の責任を転嫁したのだ。記者発表の場で隣の王氏に反論しなかった茂木敏充外相のことも、志位氏は「極めてだらしがない」と批判。会見の詳細を産経新聞デジタル版が報道すると、SNS上では「産経師匠&共産党の志位氏、めったに見られないタッグ」などと話題になった。

 旧敵の小泉純一郎元首相とはクラシック音楽をめぐり対談。仲むつまじく2人で語り合う様子が、雑誌「音楽の友」の11月号、12月号に掲載された。共通の原点がモーツァルトだったことや就寝前に何を聴くかで意気投合。小泉氏が「音楽や文化は、自民党だろうが共産党だろうが関係ない」といえば、志位氏は「音楽は不要不急の贅沢品ではなく、生きていく上で必要不可欠」と息の合った返し。

 政治部記者は「志位さんは委員長就任から長らく苦労したが、最近は存在感を高めている」と語る。苦労については、志位氏自ら会見でこう語っている。

「00年代はずいぶん厳しい時代が続いた。『自民か民主か』という2大政党論が強烈で、共産党は蚊帳の外」