昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

それでも原監督の責任を問う流れにならない理由

 結局、理想ばかり追い求めて「自軍の戦力を客観視することができない」(同前)という指摘も聞こえる。

「全試合DH制を受け入れたのが最たる例。ソフトバンクの投手陣相手にどれだけ打てると思ってたのか(笑)。要は“ええ格好しい”で、勝つために何でもやる、ということができず、最後は選手任せの無策な人なんです。リーグ独走で準備期間もあったのに、ケガを抱える岡本和真や坂本勇人を個人記録優先のために休ませず、ピーキングにも失敗。その責任をコーチ陣にとらせようとしている」(同前)

現役時代の原辰徳 ©文藝春秋

 一方で、原監督の責任を問う流れにはなっていない。

「前任の高橋由伸がダメだったため救世主扱いで呼び戻されたことで、権力を持ちすぎた。メディア統制もキツく、批判的な記事を書くと“出禁”をちらつかせる。裸の王様ならぬ“裸の若大将”になって客観性を失っている」(前出・番記者)

 このままでは来季も同じ結末になりそうだ。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー

関連記事