昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

審査員決定! 未来資金100万円贈呈 「大人の未来図」大募集!!

夢を語ろう!夢を描こう!

PR

宇宙飛行士になりたい! アイドル歌手になりたい! 子どものころは、みんな夢を抱いていた。でも夢を見る権利は子どもだけのものではありません。大人だって夢を見たい、夢に向かって走り出したい!「 貧困をなくしたい」「地域を活性化させたい」、そんな社会を変えるような大きな思いから、ごくごく個人的な願望まで。2021年、週刊文春は、そんな大人たちの夢、未来へ向けたアイデアを募集、そして応援します。どんな夢を見るかは、あなた次第。自由に、思いのたけを表現してください。

【応募要項】
●募集テーマ 「大人の未来図」大人による未来の夢のアイデアを募集します。
●賞金 最優秀賞[1点]賞金100万円 
    優秀賞[5点]各賞金10万円
● 応募期間 2020年12月24日(木)~2021年2月28日(日)23 : 59
● 応募資格 18歳以上の方で、職業、国籍は一切問いません(但し日本語でコミュニケーションが取れる方)。グループでの応募も可能です(1名[グループ]で複数回の応募も可能です)。誌面およびWebで氏名(ペンネーム可)や顔写真を公表できる方。
●主催 文藝春秋メディア事業局
●協力 アウディジャパン
●問い合わせ TEL:03-3288-6195(平日11:00~17:00 ※年末年始12月28日~1月4日を除く) 
otona-g@bunshun.co.jp

【募集作品について】
●文章……小説のようなフィクションでも論文でも、図版CGを使用した「日本の未来図」のような本気の提案もOKです。
● 写真・イラスト……人の心を動かす漫画に、一枚で大きな印象を残す写真など、写真やイラストならではの“未来”に期待しています。
● 動画…… 漫談、漫才、音楽や料理動画、アーティスティックなショートムービーまで、未来、夢に関することならなんでもOKです。

【アイデア制作上の注意】
形式は「企画書等による文章」「漫画」「写真・イラスト」「動画」いずれかでの応募が可能です。
併せて内容に関しての説明(1000字以内)をお願いします。
「音声のみ」「立体物」での応募はお受けできませんのでご了承ください。
「企画書等による文章・漫画など」はA4サイズ5枚以内で、PDFファイル形式に変換の上ご応募ください。
「写真・イラスト」による応募は、10MB以内で作成してください。
「動画」による応募は、1GB以内、3分以内で作成してください。
いずれの形式も1応募につき1ファイルの応募になります。
添付できるファイル形式は次のとおりです。
動画: mp4, mov, mpg, avi
画像: gif, jpeg, png, bmp

公平な審査を行うため、アイデア内に特定企業のロゴや著名人の写真など、商標権・肖像権を侵害するものがある作品は審査対象外となります。発表済みの作品、他コンテスト等にご応募済みの作品は選考の対象外といたします。
ご応募時は本名が必須となりますが、審査結果公表の際などは、希望に応じてペンネーム・グループ名などでの発表も可能です。

【応募方法】
※受け付けは終了しました。

【スケジュール】
12月24日(木) 応募開始
2021年
2月28日(日) 応募締切
3月 審査
4月 発表
※スケジュールは予告なく変更となることがあります。

【審査員】

東日本国際大学教授
中野信子氏
1975年東京都生まれ。東京大学大学院医学系研究科脳神経医学専攻博士課程修了。医学博士。「週刊文春WOMAN」で人生相談を連載中。

慶應義塾大学医学部医療政策・管理学教室教授
宮田裕章氏
1978年生まれ。東京大学大学院医学系研究科健康科学・看護学専攻修士課程修了。同大学大学院医学系研究科医療品質評価学教授などを経て、2015年より現職。専門はデータサイエンス、医療の質、医療政策。2025 日本万国博覧会テーマ事業プロデューサー。

The Breakthrough Company GO 代表取締役 PR/CreativeDirector
三浦崇宏氏
1983年生まれ。2007年 博報堂入社、マーケティング・PR・クリエイティブの3領域を経験、TBWA \HAKUHODOを経て2017年独立。Cannes Lions、PRアワードグランプリ、ACC TOKYO CREATIVITY AWORDS グランプリ/総務大臣賞など受賞多数。著書『言語化力(言葉にできれば人生は変わる)』(SBクリエイティブ)がAmazonのビジネス書ランキングで1位に。近著に『超クリエイティブ(「発想」×「実装」で現実を動かす)』(文藝春秋)。

週刊文春編集局長・ナンバー編集局長
新谷学
1964年生まれ。1989年入社。「Number」、「マルコポーロ」編集部、「週刊文春」記者・デスク、月刊「文藝春秋」編集部、ノンフィクション局第一部長などを経て、2012年より「週刊文春」編集長を務める。2018年7月より同編集局長に就任。2020年9月よりナンバー編集局長を兼任。

「未来は考え方ひとつ」にこめられたアウディの哲学

 アウディの新しいキャッチフレーズの原文は、“FUTURE IS AN ATTITUDE”、直訳するならば「未来は心構え」。「未来は考え方ひとつ」は、名訳と言えるだろう。このキャッチフレーズが興味深いのは、その言葉の主体が決してアウディだけを示しているわけではないと受け取れることだ。FUTUREとは、アウディの未来であり、地球の未来であり、私たちすべての未来。アウディは単に彼らが開発した電気自動車e-tronを売りたいわけではない。安全で快適でそしてサステイナブルなカーライフ、あるいは平和で幸福で誰もが笑っていられる世界を実現するために、どんな未来が必要か、“私たち”も一緒に考えることを願っているのだ。
 

 私たちは、未来を夢見るからこそ、今を必死にがんばることができる。あなたの考え方ひとつで未来は変えられる。もっとすばらしい未来を実現できる。そう信じるからこそ、アウディは私たちにこのメッセージを届けてくれたのだろう。
 

Audi e-tron Sportback
一回の充電で走行距離405km(WLTCモード)を実現したアウディ初の電気自動車「e-tron Sportback」。上品で洗練された乗り心地とデザイン。電気駆動でありながら従来のアウディ車と変わらぬ走りの魅力もあわせ持つ。
Audi e-tron Sportback
一回の充電で走行距離405km(WLTCモード)を実現したアウディ初の電気自動車「e-tron Sportback」。上品で洗練された乗り心地とデザイン。電気駆動でありながら従来のアウディ車と変わらぬ走りの魅力もあわせ持つ。
Audi Q4 e-tron Sportback cocept
アウディでは、今後続々と様々なタイプの電気自動車を発表する予定だという。実用性の高いコンパクトSUV「Q4 e-tron」は、日本でも人気になるだろう。
Audi Q4 e-tron Sportback cocept
アウディでは、今後続々と様々なタイプの電気自動車を発表する予定だという。実用性の高いコンパクトSUV「Q4 e-tron」は、日本でも人気になるだろう。
Audi e-tron GT cocept
スポーツカー「e-tron GT」は2021年春に欧州で発表予定。アウディでは工場のCO2排出量を実質ゼロにする計画を進めるなど、全社一貫で“未来”への取り組みを進めている。
Audi e-tron GT cocept
スポーツカー「e-tron GT」は2021年春に欧州で発表予定。アウディでは工場のCO2排出量を実質ゼロにする計画を進めるなど、全社一貫で“未来”への取り組みを進めている。

【応募規約】
1.応募資格について
◆18歳以上の方。職業・国籍など問いません。
◆本人からの実名での応募に限ります。ただし、受賞時の発表はペンネームでも可能です。
◆1名(1グループ)で複数の応募も可能です。
◆グループ応募の場合は、代表者を18歳以上にしてください。受賞の際は、メンバー情報などを代表者として指定された方に事務局より確認させていただきます。
◆応募対象外の方からのご応募は無効といたします。なお、審査過程でご本人確認をさせていただく場合がございます。

2.応募作品について
◆応募アイデアは法律やルールを守り、応募者自身が制作したものとします。
◆応募は未発表のオリジナルのアイデアに限ります。
◆指定する応募形式が守られていない場合、作品は無効となる場合があります。
◆第三者の有する著作権・著作者人格権・商標権・意匠権、肖像権・パブリシティー権・名誉・プライバシーその他の権利を侵害する作品および法令などに違反する内容を含む作品は応募できません。企画書にて利用されている画像・イラスト等が第三者の有する権利を侵害するおそれのある場合は、応募者の責任において必要な許可を得た上で、ご応募ください。
◆応募後、権利を侵害していると判断された場合は、応募や入賞を取り消し、賞金を返却頂く場合がございます。万が一、応募作品について第三者からの権利侵害・損害賠償請求などの訴訟・異議申し立てがあった場合、応募者の責任と負担で解決するものとし、当社及び協賛企業は一切の責任を負いません。
◆応募作品提出後に、作品の変更・修正、応募の取り消しを行うことはできません。

3.応募作品の権利、使用について
◆当社及び協賛企業が応募作品をプロモーションに使用する場合は、自由に使用できるものとし、使用料などは原則発生しません。
◆他の作品と類似性が認められた場合、または権利を侵害すると判断された場合は、応募や入賞を取り消します。また、第三者の権利侵害によるトラブルが発生した場合は、当社では責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。
◆作品応募、審査、結果発表までの期間中に、協賛企業が本賞のイメージ、品位、信用等を害する事情が認められたときは、応募者に通知することなく、審査過程及び受賞作品の掲載を行わないことができるものとします。この場合において、応募者に損害が生じたとしても、当社は一切の責任を負わないものとします。

4.個人情報について
◆応募時にいただく個人情報は本賞に関するご連絡のほか、株式会社文藝春秋からの各種ご案内に使用させていただきます。当社のプライバシーポリシーをご確認の上、ご応募ください。
◆受賞者は誌面やWebなどに氏名(ペンネームも可)・グループ名を掲載いたします。
また、以下の利用目的でも使用する場合がございます。
 ●審査結果等のご連絡のため
 ●受賞者の氏名(ペンネーム)・グループ名・贈賞式の映像や写真等を、雑誌・Webサイトや、当企画の広報を目的としたメディアへ情報提供するため

5.その他
◆協賛企業への課題に対する問い合わせはご遠慮ください。
◆審査基準、審査結果その他関連事項に関する問い合わせには応じられません。
◆転居等により入賞者の連絡先が不明の場合は、入賞を取り消すことがあります。
◆応募フォームの入力内容に虚偽があった場合や本規約の違反があった場合、その他、不適当と判断した場合は審査の対象外とし、入賞を取り消すことがあります。
◆応募者が当募集に応募したことに関して何らかの損害を被った場合であっても、当社は、故意または重過失のある場合を除き、一切責任を負いません。
◆当募集は、事前の予告なくスケジュール・内容の変更を行う場合があります。
◆主催者は、応募者の承諾を得ることなく本規約を変更することがあります。変更後の応募規約は、Webサイト上に表示した時点より効力を生ずるものとします。
◆作品応募をもって上記規約に同意したものとします。


Illustration:dunkwell Text:Kosuke Kawakami