昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

がんに集中照射する放射線治療 体幹部定位放射線治療で高い局所制御率

社会医療法人財団互恵会 大船中央病院

2020/12/21

PR

神奈川県鎌倉市にある大船中央病院放射線治療センターでは「よりよく生きるための治療」を理念に、患者に寄り添った医療サービスを提供。特にがんに集中して照射するSBRT(体幹部定位放射線治療)を得意として、肺がんなどで高い局所制御率(治療効果)を挙げている。武田篤也先生と鶴貝雄一郎先生に同センターの放射線治療の特徴をうかがった。

医師と専任の物理士が一人ひとりに合った緻密な放射線治療を練る

大船中央病院
放射線治療センター長
武田 篤也 
たけだ・あつや

1994年慶應義塾大学医学部卒。横浜市立大学、東海大学客員教授、慶應義塾大学客員講師を兼任。肝癌診療ガイドライン改訂委員。日本放射線腫瘍学会高精度放射線外部照射部会幹事。2018-2021年Best Doctor選出。


大船中央病院 
放射線治療センター
鶴貝 雄一郎 
つるがい・ゆういちろう

 私たちが取り組んでいるがん放射線治療は通院での治療が可能で、治療期間中も仕事や趣味など普段の生活を続けることができます。放射線治療も多様な種類がありますが、当院で得意としているのはSBRT(体幹部定位放射線治療)で、がんの病巣をピンポイントで照射する、優れた治療法です。

治療までに時には20回以上シミュレーションを行い緻密な計画を立て、最善の照射を目指している。
治療までに時には20回以上シミュレーションを行い緻密な計画を立て、最善の照射を目指している。

 SBRTの際立った特徴は、高齢や持病で手術ができない方にも安全に施行可能なほど身体に優しい治療でありながら治療効果が高いこと。適応となる早期肺がんや肝臓がん、前立腺がん、肺・肝転移などでは、手術と同等の局所制御率(治療部位のがんが再発しない確率)が得られます。手術では大きく切除しなくてはならないような臓器の深部にあるがんでも、無痛でピンポイントに治療でき、臓器の機能を温存することが可能です。1回30分の治療を5日間で行います。

早期肺がんの局所制御率99%、肝臓がんでは96%

※ JASTRO高精度放射線外部照射部会2017年度体幹部定位照射の国内実態調査報告(調査対象:331施設)より作成
※ JASTRO高精度放射線外部照射部会2017年度体幹部定位照射の国内実態調査報告(調査対象:331施設)より作成

 SBRTを実施している病院は国内で331施設ありますが、当院の局所制御率は99%(早期肺がんの場合)。国内平均が85%、国際的にも90%あれば良好とされていますので、当院の成績は極めて優秀と言えます。

 成績が良好な1つの理由は、当院が提唱した治療コンセプトが功を奏しているためです。一般的なSBRTはピンポイントに照射はしているもののがん細胞を完全に死滅させるには若干不十分な放射線量でした。しかし副作用が多くなることを懸念して放射線量を増やすことも躊躇されていました。その状況の中、当院では治療範囲の辺縁には標準的な放射線量を照射しながら病巣中心部には約2倍の放射線を照射する照射法を考案・実践することで、治療効果の向上と安全性を両立することができました。現在、従来の照射方法から当院の治療コンセプトに変更する病院も徐々に増えてきており、さらなる普及にも努めています。

高精度の治療を短時間・快適に受けられるよう開発された最新の放射線治療機器Halcyon(ハルシオン)。大船中央病院の目指す高品質の放射線治療を支えている。
高精度の治療を短時間・快適に受けられるよう開発された最新の放射線治療機器Halcyon(ハルシオン)。大船中央病院の目指す高品質の放射線治療を支えている。

 成績が良好な他の理由としては、治療経験を多く積んでいることと、治療の質を高める努力を続けているためでしょう。医師・物理士・技師の治療にかかわるすべての職種が活発に協議し合い、個々の患者さんの治療において最善の照射を目指しています。

 外科手術や化学療法も重要ながん治療の手段ですが、 SBRTを含めた放射線治療もがん治療の有力な選択肢として、より多くの方々に検討していただきたいですね。

INFORMATION

社会医療法人財団互恵会 大船中央病院
〒247-0056 神奈川県鎌倉市大船6-2-24
TEL.0467-45-2111
https://www.ofunachuohp.net/
●横浜駅から14分、東京駅から42分

出典 : 文春ムック スーパードクターに教わる最新治療2021