昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「轢き殺したと思った」東名高速で恐怖の”あおり運転バイク”動画

 近年、社会問題化している”あおり運転”。2017年、東名高速道路で夫婦の乗ったワゴン車が“あおり運転”によって路上に停車させられ、後続のトラックが追突。同乗していた娘2人の前で夫婦が死亡する事故が発生した。さらに2019年には、茨城県の常磐道など3県の高速道路であおり運転を繰り返した会社役員が強要や傷害などの罪に問われた。これらの事件をきっかけに、あおり運転の厳罰化を求める声が高まり、今年6月、道路交通法と自動車運転死傷処罰法が改正された。

横浜市にある神奈川県警本部 ©共同通信社

 だが、今もなお、悪質なあおり運転が終わっていないことを示す動画を「週刊文春」は入手した。

 11月8日16時半ごろ、福岡県にある運送会社のトラック運転手Aさん(22)は、東名高速道路の海老名SA~横浜町田IC間を時速60~70キロで走っていた。すると、中型バイクが左脇からトラックをかすめるようにして中央の車線に割り込むと、減速しては進路を妨害する。そして、トラックの運転席を振り返りながら、突然、目の前で急停止したのだ。Aさんは慌ててブレーキを踏み込み、追突寸前でトラックを急停止。あおり運転をしたバイクはそのまま逃走していった。

高速道路上で急停止したバイク(ドライブレコーダー映像)

 Aさんが振り返る。

「急ブレーキを踏んだ瞬間、『人を殺した! 轢き殺してしまった!』と思いました。バイクを運転していたのは30~40代くらいの男性です。こっちは10トントラックなので、もしぶつかっていたら大事故になっていたでしょう……」

 急停止によって、運んでいた積み荷の一部が破損。Aさんは神奈川県警の高速道路交通警察隊へ連絡して事故処理を済ませ、翌日にはドライブレコーダーを提出。事情聴取を受け、「被害も出ているので早く捕まえてほしい」と訴えた。さらに後日、運送会社側も積み荷の実損に関して被害届を提出した。

 ところが、神奈川県警の担当者は運送会社側に「対応は来年になると思います。検挙できるかも分かりません」と告げたという――。

 交通取締りや行政問題に詳しい編集記者の横浜大輔氏が解説する。
「映像を見ると、今回のケースは明らかにあおり運転です。進路に割り込み急ブレーキをかけて車を停止させているので、今年6月に創設された『妨害運転罪』にあたる。高速道路の方が罰則が重く、5年以下の懲役または100万円以下の罰金。行政処分としては1回の違反行為で免許取り消しとなり、最低でも3年間は再取得できません」

 神奈川県警の怠慢とも見える対応の裏に何があるのか。

 12月10日(木)発売の「週刊文春」では、今回のあおり運転による被害の状況や適用される罰則の内容、神奈川県警の対応などについて詳報する。

この記事をより詳しく読みたい方は「週刊文春 電子版」で購読できます。
週刊文春 電子版で記事を読む

この記事の写真(2枚)

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー