昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/01/12

「もはやテレビからヒットが生まれる時代ではない。米津や瑛人、アニメソングもユーチューブから火がついてメジャーとなった。その流れは今後も加速する」(音楽プロデューサー)

 そして、やはり注目なのはテレビから流れてきたタレントだ。

 カジサック、江頭2:50、霜降り明星、ジャルジャルなどお笑い芸人は、ユーチューブと親和性が高い。お笑いのネタや軽妙なフリートークが人気だ。また芸人であっても教育系ユーチューバーとして支持を得ているオリエンタルラジオ中田敦彦やソロキャンパー芸人として再ブレイクしたヒロシなど、持ち味を生かしたコンテンツが注目されている。

オリラジはともにユーチューブで人気チャンネルを持つ ©文藝春秋

人気俳優もユーチューブに参戦

 さらに特筆すべきは俳優の存在。本田翼(215万人)、と佐藤健(196万人)を男女の筆頭に、星野源、菅田将暉、市川海老蔵、川口春奈、柴咲コウ、長谷川京子など錚々たる顔ぶれ、群雄割拠の様相を呈している。

「映画スターがテレビに出演すると電気紙芝居の役者になったとバカにされる時代がありましたが、いまはそれと同じ劇的な変化の真只中にいます。俳優はそこでファンを引きつけ、マーケットを開拓している。人気が出れば、数字を持っているタレントとして新たな仕事が舞い込むし、次の展開も期待できる」(芸能プロダクション経営者)

自身のチャンネル「ほんだのばいく」で趣味のゲーム実況を行う本田翼 ©文藝春秋

 だが、いいことばかりではなく、ユーチューブ進出でフォロワーが少なかった場合、「人気がない」「数字を持っていない」という判断が下され、コマーシャルベースの仕事で淘汰されるリスクもある。

 ユーチューブは単純にいうと視聴回数・時間に応じて広告費が支払われる仕組みだが、トップは数億円プレーヤー、成功すれば20代でも1億円稼げる世界である。芸能人がテレビからユーチューブに流れる背景には当然、経済的な事情も。2020年発表の電通「日本の広告費」によると、2019年のインターネット広告費は2兆1048億円で、テレビメディア広告費の1兆8612億円を上回る結果となった。今年はコロナ禍の影響により、さらにインターネット広告費が上昇すると予測されている。