昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/01/12

すでにレッドオーシャン状態のユーチューブ

「テレビの制作費は削られ、出演料も抑えられている。しかもコンプライアンス重視が過剰になり、スキャンダル一発で消滅、自由な表現もできない。スポンサーに遠慮せず自分の力でお金が稼げるのなら、ユーチューブは芸能人にとって願ってもない媒体です」(同前)

 だが、多くのファンを抱える芸能人がユーチューブを始めたことで、すでにユーチューブはレッドオーシャン状態だ。

有名タレントの参戦でユーチューブ界も激戦に… ©iStock.com

 素人ノリが売りだったユーチューバーは、芸を持つ強者が乗り込んでくることに戦々恐々、「10年後に生き残っているのは1割」(20代ユーチューバー)という。一方で、若者のテレビ離れを憂慮するテレビ局は、フィッシャーズ(652万人)や東海オンエア(555万人)など人気ユーチューバーを番組に積極的に起用するなど、必死だ。

 彼らがテレビに登場することで個人視聴率を稼げると期待し、商品購買層の消費者にリーチするというスポンサー向けの説明も立つからだ。どんどん番組に露出させて、テレビで彼らをブレイクさせようという意図はわかるが、そのなかで芸能界でもスターと認められるユーチューバーが今後出てくるかどうかはわからない。

誰でもお金をかけずに参戦できるのが魅力 ©iStock.com

 2020年は芸能人タグのある新規ユーチューバーが200チャンネルを突破。ユーチューブの特性上、誰でも簡単にお金をかけずにスタートアップできるので、今後も、雪崩を打って芸能人が参加するだろう。なかなか芽が出なかった芸人がユーチューブで突然ブレイクすることもあるだろうし、可能性は広がったといえる。

 実力だけでなく運が大きく左右する、不確実性が高いエンタメの世界。SNSがもたらした大きなうねりのなかで、芸能界もまた混沌の時代に突入した。

『文藝春秋オピニオン 2021年の論点100』は下記サイトで丸ごと購読できます。

この記事の写真(6枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー