昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

コロナ患者の受け入れ拒否 旭川医科大学学長がクラスター発生病院に「なくなるしかない」と暴言音声

 国内最大級のクラスター(感染集団)が複数の病院で発生し、自衛隊看護師が派遣されるなど医療崩壊の渦中にある北海道旭川市。北海道医師会は12月14日、記者会見を開き、独自の「医療緊急事態宣言」を発表した。旭川の医療崩壊のきっかけとなったのが、11月上旬から新型コロナウイルスのクラスターが発生し、現在までに患者や職員ら200人以上が感染した慶友会吉田病院。感染を封じ込められず、クラスターが発生してしまった同病院は、同じ市内にある国立旭川医科大学病院を名指しして、ホームページ上に、「感染患者の受け入れ拒否で転院が遅れた」などと批判(12月1日付け、現在は削除)し、波紋を呼んでいた。

旭川医科大学病院 ©文藝春秋

 なぜ旭川医科大学病院は、コロナ患者の受け入れを拒否したのか。「週刊文春」が旭川医科大学病院の関係者に取材を重ねると、同大学の吉田晃敏学長(68)の意向だったことが分かった。足掛け14年にわたって大学トップに君臨し、大学病院に対しても強い影響力を持っている吉田学長が、「受け入れは許さない」などと病院長に言い渡し、クラスター発生の初期段階で受け入れを拒否させていた。

旭川医大の吉田学長 ©共同通信社

 今回「週刊文春」に証言したのは、旭川医大幹部のA氏。12月14日現在、吉田病院の職員・患者あわせて計200人超が感染し、死者は34人にものぼっているが、A氏は苦渋の表情でこう悔やんだ。

「他の病院は受け入れているのに旭川医大だけが(当初)受け入れを拒否した。あの時即対応できていれば、クラスターを早く終息させられた可能性があったのに……」

旭川に入った自衛隊 ©共同通信社

「週刊文春」では、11月17日に吉田学長と十数人の病院幹部らが集まった会議の場の音声を独自に入手。そこで、吉田学長はこう発言していた。

「コロナを完全になくすためにはあの病院(クラスターが発生した吉田病院のこと)が完全になくなるしかない、ということ」

「ここの旭川市の吉田病院があるということ自体が、ぐじゅぐじゅ、ぐじゅぐじゅとコロナをまき散らして」

「週刊文春」編集部の取材に対して、吉田学長は次のように回答した。

――会議で「コロナをなくすためにはあの病院がなくなるしかない」と発言をしたか?

「言うわけないだろ。いや、例えば言うとすると、なんか理由があるんですよ」

今年4月の説明会の動画より。吉田学長が言い間違いを連発

 コロナの感染拡大で医療従事者の負担が増す中、国立大学トップの言動が適切だったのか、論議を呼びそうだ。

 吉田学長を巡っては、近年、入学式や卒業式の遅刻、ドタキャンや、職員を集めた説明会での朦朧ぶりが問題視されていたことも新たに判明し、12月17日(木)発売の「週刊文春」では、吉田学長への直撃インタビューも含めて、旭川医科大学病院で何が起きているのかを詳報する。

この記事をより詳しく読みたい方は「週刊文春 電子版」で購読できます。
週刊文春 電子版を見てみる

この記事の写真(4枚)

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー

関連記事