昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

「自分が、自分が」で汗をかかない……自民党・下村博文政調会長が機能しないワケ

 自民党の下村博文政調会長(66)が「まったく機能しなかった」と永田町で話題になっている。

安倍政権では文科相、選対委員長などを歴任

 75歳以上の医療費の窓口負担を1割から2割に引き上げる対象をめぐる与党協議のこと。支持者に高齢世代が多い公明側は、引き上げ対象を少なくするため年収240万円以上を主張。菅義偉首相は「若い世代のために高齢世帯も負担をさせたい」と年収170万円以上を譲らなかった。本来なら首相官邸と与党の調整役になるべき下村氏は「首相は譲るつもりはない」と繰り返すのみで、「下村氏はガキの使いか」と揶揄する声が上がった。

 最終決定は12月9日の党首会談。首相と公明党の山口那津男代表が「年収200万円以上」で歩み寄った。ただこの会談は、偶々(たまたま)セットされていた「忘年会」。席上、山口氏がぼやいた。「こんな政策をいちいちトップ会談で決めていては大変ですよ。もう少し党にお任せしたらいかがですか」。首相は苦笑いを浮かべるしかなかった。

山口那津男 ©文藝春秋

「第二次安倍政権で官邸によるトップダウンの政策決定が確立した。族議員もいなくなり、政策を下から積み上げて調整する政調会長の存在感は薄まった」(政治部デスク)