昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

日韓コラボプロジェクト「NiziU」を大成功に導いたJ.Y. Parkって何者?

2021年の論点100

2021/01/03

 韓国の音楽プロダクションが手がけた日本人のK-POPガールズグループ「NiziU」の登場は、日本の音楽業界の“地平”を変えることになるのだろうか。

 彼女たちの人気は驚くばかり。

 6月30日に公開されたプレデビューアルバムはすぐにBillboard JAPAN Hot100で2カ月にわたって10位圏内を維持し、YouTubeのミュージックビデオも1億回再生を突破するなど公式デビュー(12月2日)前から異例の大ヒットとなった。

「NiziU」は、日本のソニーミュージックと韓国の大手音楽プロダクション「JYPエンタテインメント」(以下JYP社)が共同で企画した公開オーディション「Nizi(虹)Project」から誕生した。

 JYP社は韓国の4大音楽プロダクションのひとつで日本でも人気の9人組ガールズグループ「TWICE」や6人組ボーイズグループ「2PM」らが所属する。

©iStock.com

「Nizi Project」総合プロデューサーであるパク・ジニョン氏

「NiziU」は、活動の場は日本がメインだが、JYP社所属アーティストとしてグローバル市場も視野に入れた新しい位置づけのグループだ。

 原石だった彼女たちを見出して、一躍時の人となったのが、「Nizi Project」の総合プロデューサー、J.Y. Park(パク・ジニョン)JYP社CCO(クリエイティブ総括責任者、49歳)だ。

 オーディションでパク氏が参加者に語りかけた的確なアドバイスや相手を思っての叱咤の言葉は大きな共感を呼び、「先生になってほしい」という10代のみならず、「理想の上司」としてビジネスパーソンの心をも引きつけた。