昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

手錠をはめたり外したりも……新宿署で23人の集団感染 “留置場クラスター”が発生する理由

 新型コロナウイルスの感染拡大による外出自粛の影響で、刑法犯の認知件数が多くの県で大幅に減少した2020年。しかし塀の中にも平等に訪れるコロナの存在は、警察にとって別の悩みを生んでいるようだ。

 12月上旬、“留置場クラスター”が国内最大の人員を誇る警察署、警視庁新宿署で発生。コロナの感染者は、勾留されていた男や警察官など23人に及ぶ(12月13日時点)。

“夜の店”関係者も数多く収容する新宿署 ©共同通信社

「始まりは、同じ部屋に勾留されていた3人の男でした。今月3~8日の間に相次いで発熱を訴え、検査したところ感染が発覚。他の留置人も検査すると、別の部屋からも次々と陽性者が出てきたのです。留置場を管理していた担当の警察官も4人、警察職員も1人感染が確認され、留置場自体も閉鎖された。勾留されていた面々は、大規模な留置施設のある原宿署が引き受けましたが、感染者のうち2人は、もともと任意捜査に切り替える予定だったこともあり、釈放されています」(社会部記者)

 コロナのクラスターはこれまでに病院やライブハウスなどさまざまな場所で発生してきたが、実は警察の留置場も何度も感染者が発生している穴場だ。同じ警視庁管内では4月に渋谷署に収容されていた7人の感染が発覚し、これまた一時閉鎖に追い込まれている。

 警察庁も手をこまねいていたわけではない。2月の段階で各都道府県警に対し、個室に収容したり、風呂も1人で入れたりするよう指示をしていた。だが、捜査関係者は「留置施設には空きがあるとはいえ、個室のみの収容とするのは限界があり、三密(密閉、密集、密接)を完全に避けるのも無理がある」と嘆息する。