昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

“中国が最も排除したかった男”香港のメディア王・ジミーライ氏起訴の背景

2020/12/25

 香港の大手紙「蘋果日報(アップルデイリー)」などの創業者である黎智英(ジミーライ)氏が12月11日、国家安全維持法違反で起訴された。

 香港メディアが1997年の返還以降、次々と「親中派」へ鞍替えしていくなか、唯一、民主派の論壇を守り続けた。蘋果日報は市民にも人気があり影響力は無視できず、中国にとって最も排除したかった人物であったことは間違いない。

黎氏の「蘋果日報」は過去に70万部を誇った ©共同通信社

 8月に黎氏が逮捕されると中国メディアは「シャンパン・パーティーを開きたい」などと書いた。今回の起訴を香港の親中メディアは「乱港頭目(香港反乱リーダー)の黎智英の末路」と報道。禁錮刑を言い渡された周庭(アグネスチョウ)さんらは「乱港分子」だったので、ついに魔の手が「本丸」に及んだということだろう。

 この異常な民主派壊滅への盛り上がりは「反革命分子」「反動分子」のレッテルを乱発し市民が逮捕・排斥された60年代の中国文化大革命を彷彿とさせる。

 実は黎氏自身が、その中国から香港へ逃げた人物だった。1948年に広東省で生まれたが、父親は家族を捨てて香港へ逃亡し、母親はその罰で労働改造所へ送られ、12歳の時に密航で香港へ。衣料工場で働きながら独学で英語を学び、株で資金を増やした。そして80年代に人気衣料品ブランド「ジョルダーノ」で成功。この衣料品ビジネスのモデルは、後に柳井正氏が「ユニクロ」に取り入れた。