昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

DeNAから梶谷、井納獲り 巨人・原監督は本当に“名将”といえるのか

 巨人を率いて14シーズンでリーグ優勝9回、3度の日本一。実績では名将といえる原辰徳監督(62)だが、その内実は――。

セ・リーグ2連覇の巨人・原監督 ©共同通信社

「補強というよりライバルの戦力を削ぐ、お得意の手法をまたやりましたね」

 DeNAの梶谷隆幸外野手(32)と井納翔一投手(34)のFAでの獲得を受け、ベテラン記者はそう呆れる。

「2人には悪いが、FAで大騒ぎして獲る選手かと。丸佳浩や、かつての小笠原道大のような大黒柱になる選手じゃない。特に梶谷は怪我が多過ぎる。DeNAも強く慰留しなかった選手に“4年8億円”契約……陽岱鋼みたいにならなきゃいいけど。井納の加入は先発の補強という意味はあるが、菅野智之の代わりを期待するのは酷です」(同前)

 このFAを主導したのは原“全権”監督。今季、首位を独走時に球団首脳から「今後は育成に舵を切る」という声が出ていたが……、

「監督は山田哲人と大野雄大を狙っていた。だが、うまくいかず、来季セ・リーグで一番のライバルとなりそうなDeNAから2人を引き抜いたんです。FAで獲ったら使わざるを得ないので、若手が狙える椅子が減る。巨人はドラフトで育成選手を12人も獲ったのに、やることが矛盾してます」(球界関係者)

 日本シリーズでの“2年連続4連敗”も無かったかのように話が進んでいる。