昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「有名人の自死がショックで何も手につかない」…中野信子が教える「あなたに必要な“4段階”」

あなたのお悩み、脳が解決できるかも?

2021/01/03

 みなさまのお悩みに、脳科学者の中野信子さんがお答えします。

中野信子さん ©文藝春秋

◆ ◆ ◆

Q 有名人の自死がショックで何も手につきません――41歳・専業主婦からの相談

 俳優の三浦春馬さんが亡くなったことが自分でも驚くほどショックです。もちろんお会いしたこともないし、特にファンだったというわけではないのに、胸がふさいで食欲もなくなり、家事がまったく手につきません。毎日、暗い気持ちでため息ばかり吐いているのです。

最新回は発売中の「週刊文春WOMAN 創刊2周年記念号」に掲載中

中野信子の回答

A 三浦春馬さんには多くの人が好感を持っていたと思います。突然亡くなったことに私もショックを受け、しばらく解決のつかない気持ちを引きずりました。

 亡くなったのは直接知っている人ではないのにショックを受けて気持ちがふさぎ、悪くすると後を追って自死を選んでしまうという現象はかなり以前から知られ、ウェルテル症候群と呼ばれています。

 ウェルテルとはゲーテの『若きウェルテルの悩み』の主人公です。彼は物語の最後に自殺してしまいます。ヨーロッパではこの小説に触発された若者の自殺が増えたことがありました。

 メディアが自殺を大きく報道すればするほど自殺率が上がる、また、その報道記事が手に入りやすい地域ほど自殺率が上がるということもわかっています。アメリカの社会学者デイビッド・フィリップスがこの現象について統計をとって証明し、ウェルテル効果と名づけたのです。