昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

〈東出昌大、不倫のその後〉東出は“新たな同居人”と生活、唐田えりかは「夜道を歩けるようになった」、そして杏は……

「4歳の娘が電話をくれるようになったんですよ」

 12月上旬、居酒屋のカウンター席で嬉しそうに話していたのは、東出昌大(32)だ。「週刊文春」1月23日発売号で、唐田えりか(23)との不倫を報じてから1年近く。東出、唐田、そして杏(34)。彼らは今――。

家を追い出された東出は“新たな同居人”と生活

 東出と杏が離婚を発表したのは8月1日のこと。推定価格2億円という豪邸を2分の1ずつ所有していたが、お盆明けの8月19日、「財産分与」の結果、全てが杏の持ち分となった。

「東出は多額の違約金を抱えていたこともあって、杏は慰謝料を請求しなかった。代わりに子ども3人の親権に加え、自宅の所有権を譲り受けることに決めたのです」(東出の知人)

 家を追い出された形の東出。現在は、そこから車で30分の場所で“新たな同居人”と生活している。

「母の兄にあたる伯父の家に居候中です。不倫騒動の後、マンスリーマンションを転々とする東出に伯父が手を差し伸べました。伯父は3年前に妻を亡くしており、東出と2人暮らし。9月に出演した舞台では、共演者の菅原小春(28)がその家から稽古場まで送迎していました」(同前)

東出昌大

 一時は大好きな酒も止めていた東出だが、秋頃から行きつけの居酒屋でたびたび目撃されている。生姜焼きなどの家庭料理が自慢のこぢんまりとした店だ。

 常連客が明かす。

「東出君はボトルキープしてある熊本の麦焼酎を炭酸割りで飲んでいます。握手や写真撮影にも気さくに応じてくれる。いつも客と談笑していて元気そうです」

 ただ、この常連客は東出から“気がかりな一言”を聞いたという。