昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「人形を握りしめ、意識を失って……」高松・娘2人“車内置き去り”熱中症死 母が27歳誕生日に接見した男

「明け方までなら大丈夫だろうと思ったが、男性の家で寝てしまい、車に戻るのが昼になってしまった」

 幼い姉妹を炎天下の車内に約15時間も置き去りにした母親は、こう供述したという。

写真はイメージ ©iStock.com

車内への放置は今回が初めてではなかった

 今年9月、高松市内の駐車場で6歳と3歳の姉妹が車内に放置され死亡した事件で、高松地検は9月24日、姉妹の母親である竹内麻理亜を保護責任者遺棄致死の罪で起訴した。

「彼女は取り調べに対し、これまでにも複数回、姉妹を車内に放置して飲み歩いていたと認めています。事件の晩は車内に残した子供たちを隠すために、フロントガラスをサンシェードで覆って出かけた、とも」(社会部記者)

 その日、午後9時過ぎから飲み始め、三軒をはしごした竹内は、最後の店で知人男性と合流。明け方店を後にすると、そのまま男性宅へ。事件当日は9月の観測史上最高となる37.6度を記録していた高松市。幼い姉妹は後部座席に身を寄せ合い、人形を握りしめ、意識を失っていた。

亡くなった姉妹(夫のSNSより)

 高松市内で生まれ育った竹内が、高校中退後に出会ったのがとび職人の夫だった。14年には夫が社長として土木建築会社を立ち上げ、竹内も取締役になっていた。