昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

新型コロナのウイルス変異 英国はなぜ強力な対策を取ったのか

source : 提携メディア

genre : ライフ, 医療

新型コロナのウイルス変異 英国はなぜ強力な対策を取ったのか

「遺伝子の突然変異=キャラの激変」ではない

新型コロナのウイルス変異 英国はなぜ強力な対策を取ったのか

 英国でSARS-CoV-2の変異株が見つかり、これが大問題になっています。いったい、どういうことでしょうか。まだよく分からないことが多いこの問題、執筆時点で「分かっていること」をご説明します。

 生物には遺伝子があります。ウイルスを「生き物」と捉えるかどうかには議論がありますが、ここでは便宜的に「ウイルスは生きている」と考えます。で、他の生物同様、ウイルスの中にも遺伝子があります。新型コロナウイルスと呼ばれているSARS-CoV-2も例外ではありません。

 他の生物もそうなのですが、ウイルスの遺伝子は頻繁に突然変異を起こしています。遺伝子は核酸からできていますが、その核酸が別のものに置き換えられたり、なくなったりするのです。よって、遺伝子の生産物であるたんぱく質に変化が生じることがあります。

 しかし、遺伝子の突然変異は、必ずしもウイルスのキャラを激変させるものではありません。遺伝子の変化とウイルスのキャラ、我々目線で言うならば、病気の性格にはギャップがあるのです。

 人類史上、たくさんの感染症が記録されていますが、遺伝子の突然変異で病気のキャラが激変したことはほとんどありません。数十年に1回、インフルエンザウイルスの遺伝子の変化が抗原の変化(シフト)をもたらし、大流行の原因にはなります。1918年のスペイン風邪などがその一例です。が、これとてめったに起きることではありませんし、病気のキャラと言うよりは、人間の免疫機構をすり抜けるために大流行するのです。

感染の速度が速まったのは変異のせい?

 さて、そこで新型コロナです。

 現在、英国のロンドンやその周辺で感染が非常に速いスピードで広がっています。で、そこで見つかったSARS-CoV-2にはいくつかの新しい突然変異がありました。そのため、その「速いスピード」の原因が、この突然変異なのではないか、という疑惑が持たれているのです。