昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「人食いバクテリア」の異名も…溶連菌、大人も喉の痛みと発熱

source : 提携メディア

genre : ライフ, 医療

「人食いバクテリア」の異名も…溶連菌、大人も喉の痛みと発熱

 昨日から喉が痛く、昨夕から悪寒がして38.5度の発熱があったと言って、20歳代後半のCさんが来院された。熱が出始めておおよそ1日経過しているが、来院時は37度ちょうどだった。今シーズンは発熱・咽頭痛といえば、コロナやインフルエンザを疑う。しかしそれ以外のウイルスや細菌による感染症の可能性もあり、慎重な対応が必要だ。

急な悪化で窒息

「人食いバクテリア」の異名も…溶連菌、大人も喉の痛みと発熱

 コロナもインフルも他のウイルス感染でも似たような症状があらわれる。喉を見せてもらうと、全体に真っ赤に腫れていた。 扁桃腺(へんとうせん) に 膿(う) みはなかったが、粘膜のむくみが強い。インフル検査、コロナPCR検査、血液検査、溶連菌検査をしたところ、その場でわかるインフル検査は陰性、溶連菌検査が陽性だった。

 コロナが同時に感染していないとは言い切れない時代だが、まずは溶連菌による咽頭炎を治療しなければならない。治療は抗生物質の内服だ。Cさんがペニシリンという抗生物質にアレルギーがないことを確認して処方した。

 喉の腫れが結構ひどいので、もし夜に腫れがひどくなり、口を大きく開けられなくなったり、息苦しいと感じる場合は、すぐに夜間救急に行くよう伝えた。腫れが急に悪化すると、喉頭浮腫という喉を塞いで息ができなくなってしまう状態になることがあるからだ。皆がなるわけではないので怖がることはないが、息がしにくいほど喉の腫れを感じたら、すぐ大きな病院に行ってほしい。

体調回復しても油断は禁物

 溶連菌のような細菌の感染は日中に平熱近くまで熱が下がる傾向があり、夜に再び上がってくることも多い。抗菌薬はすぐ効いてくるわけではないので、安静と栄養補給が必要だ。喉越しの良いものを少しずつでも取るようCさんにアドバイスした。2日後、Cさんに結果を伝え様子を聞くために電話してみると、かなり張りのある声が返ってきた。

 今朝からだいぶ体がスッキリしてきたという。検査の結果について、コロナが陰性であったことは良かったが、血液検査の結果、細菌感染で数値が高くなる白血球数が1万3000と高値であり、あらゆる炎症具合の程度を表すCRP(C反応性タンパク)という値が正常値0.3以下のところ18と非常に高値だったので、体調がよくなったように感じても今週1週間は静養が必要だと話した。