昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/01/06

ライバル企業同士で情報交換することも

 一方、RNAの修正技術を発明したカリコ氏も、研究当初から医療応用を目指していた。現在はドイツのバイオベンチャー、ビオンテックで役員を務める。同社も米ファイザーと共同で新型コロナのRNAワクチンの開発を進め、第三相試験に入っている。

 NewsPicksの取材にカリコ氏は、「RNAを治療に使うというアイデアは、モデルナが最初だったわけではない。私は80年代半ばからアイデアを温めていた」と自負を見せつつも、RNA医薬品を開発する企業同士で情報交換することもあると明かし、「モデルナはライバル企業だが、新しいテクノロジーを世に出そうとしているという意味では仲間でもある」と語った。

他にも「設計図を送り込む」2つのタイプ

 さて、人の体内に設計図を送り込み、抗原を体内で作らせるという発想のワクチンには、他に2つのタイプがある。

 いずれも、抗原の設計図として、RNAではなく、DNAを細胞に送り込むのだが、その手法が異なる。

DNAとRNA ©iStock.com

 その1つは、DNAの運び役(ベクター)として、風邪を引き起こすウイルスの一種、アデノウイルスを使う。接種するとアデノウイルスがヒト細胞に感染し、組み込まれたDNAが細胞内に入って抗原を作る仕組みだ。

 もう1つのタイプでは、「プラスミド」という環状のDNA分子を運び役に使っている。日本のバイオベンチャー、アンジェスと大阪大学、米国のバイオ企業、イノビオ・ファーマシューティカルズがそれぞれ開発に取り組み、第一/二相試験を実施中だ。

 アンジェスには、プラスミドを使った遺伝子治療薬を上市した経験があり、高血圧治療を目的としたワクチンの臨床試験も海外で並行して進めている。創業者の森下竜一・大阪大学教授(臨床遺伝子治療学)は「世界でも、臨床用のプラスミド製品を医薬品として発売しているのは我々だけ。製造・販売を含めたノウハウがあり、川上ではなく、川下から発想できるのが最大の強み」と強調する。

 前者の「ウイルスベクター」タイプでは、英国のアストラゼネカとオックスフォード大学、米ジョンソン・エンド・ジョンソングループのヤンセンファーマ、ロシア国営のガマレヤ研究所、中国のバイオ企業、カンシノ・バイオロジクスが、それぞれ第三相試験に入っている。