昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

新型コロナで急逝の羽田参院幹事長 病院に向かう途中で「俺、肺炎かな」と言い、意識失う

source : 提携メディア

genre : ニュース, 社会, 政治, 医療

急逝の羽田雄一郎氏、新型コロナが死因 現職国会議員で初

羽田雄一郎氏

 27日に急逝した立憲民主党の羽田雄一郎参院幹事長(53)について、死因が新型コロナウイルス感染症だったことが分かった。同党の福山哲郎幹事長が28日の記者会見で明らかにした。東京都監察医務院による検視結果という。現職の国会議員がコロナ感染で死去したのは初めて。

 福山氏によると、羽田氏は24日深夜に38.6度の発熱があり、25、26両日は東京都内の自宅で療養。体調不良が続いたため、27日午後に都内の病院でPCR検査を受ける予定だった。

 しかし、秘書の運転する車で病院へ向かう途中に「俺、肺炎かな」と語った後、意識を失ったという。救急車で東大病院(東京都文京区)に緊急搬送されたが、同日午後4時34分に亡くなった。

 死亡したのが病院到着前だったため検視対象となり、コロナ感染が確認された。羽田氏には糖尿病などの基礎疾患があったという。

 コロナ感染のため葬儀は行われず、党などが主催する形で「お別れの会」を後日予定している。

この記事の写真(1枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー